薄毛の原因は?

ひとくちに20代の薄毛と言っても、その中にはいろいろなタイプがあります。

まずは自分の薄毛の症状が、どの原因に当てはまっているのかを確認しておくことが大切です。

いくつか種類がある

20代の薄毛の種類には次のものがあります。

薄毛の種類
  • AGA(男性型脱毛症)
  • 円形脱毛症
  • 機械性脱毛症
  • 脂漏性脱毛症

AGAは、20代や30代の男性によくみられる頭頂部や生え際が薄くなってしまうもののことを言います。

円形脱毛症とは、俗にいう「10円ハゲ」のことであり、生え際や頭頂部などに関係なく頭に出現するのが特徴です。

ストレスやアトピーなどが原因で生じることが多いです。

機械性脱毛症とは、帽子やヘルメットなどを仕事柄日常的に被っている方に多く見られる脱毛症です。

帽子やヘルメットを長時間被ることで、毛穴や毛根が圧迫されて毛根が傷つき、髪の毛が抜けていってしまいます。

脂漏性脱毛症とは、頭皮の皮脂が異常に分泌され、その皮脂で炎症が起きて髪の毛が抜けてしまうものです。

たいていはAGA(男性型脱毛症)による薄毛

このように、20代の薄毛には様々な原因がありますが、薄毛の原因として最も多いのはAGAです。

もし、あなたの髪が薄くなっているならAGAが原因である可能性が高いです。

AGAの特徴

AGAの特徴は、生え際や頭頂部を中心に髪が薄くなっていくです。

頭頂部から薄毛が進行する人は「O字型」、生え際から進行していく人は「M字型」と区別されます。

頭頂部と生え際が同時に進行していく人は「MO字型」と呼ばれて区別されます。

AGAはいきなり地肌が見えるほど進行するものではなく、少しずつ進行していくことも大きな特徴です。

AGAになると日常生活で抜け毛が増えたり、髪の毛のセットが決まらなくなってきたりするような些細な変化から始まり、いつのまにか明らかな薄毛になります。

AGAの原因は男性ホルモン

AGAが起こってしまう大きな原因は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が分泌されることにあります。

男性の身体では、男性ホルモンであるTH(テストステロン)という物質が分泌されています。

テストステロンは男性を男性らしくするために必要なホルモンです。

しかし、テストステロンは5αリダクターゼという酵素と反応して、DHTに変換されます。

このようにして生成されたDHTには、薄毛を進行させてしまう効果があります。

DHTが頭皮に作用してしまうと、ハリやコシのある髪の毛が育っていかなくなってしまいます。

髪の毛が育たないことで抜け毛が増え、ヘアサイクルが早まって太くたくましい毛の量が減ってしまいます。

結果的に髪の毛は細くなり、加えて髪の毛が抜けた後に新しい髪の毛もなかなか生えてこなくなるため、相対的に髪の密度が減ってしまうのです。

このDHTが作られないようにし、髪の毛を正常にたくましく育てていくことができれば、AGAの進行を防ぐことができます。

AGAの特徴に当てはまるのなら病院で治療しよう

AGAは、少しずつ進行していく脱毛症です。

さらに、頭頂部や生え際が重点的に薄くなっていくため、これらの特徴に当てはまる方はAGAの疑いがあると言えます。

もし、「最近抜け毛が異常に増えてきた」「以前より生え際が後退している気がする」などの症状がある場合には、早めに病院の治療を考えましょう。

AGAは病院の治療で改善する可能性が高いです。

AGAの治療を専門に行っているクリニックでは、AGA治療に関する料カウンセリングを行っています。

まずはこの無料カウンセリングを受けてみて、自分の現状を把握するところからスタートしてみましょう。

無料カウンセリングのある病院を見る

参考リンク 20代におすすめの薄毛対策 

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒  AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓