AGAの治療法には、医薬品を使用する内科的治療、自毛植毛といった外科的治療、かつらをつかう整容的対処(見た目を整える)などがあります。

しかしこういったプロの力を借りる以外に、自分の力だけで治療をすることは可能なのでしょうか。

本当に自分で治せるのか

たぶん無理

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが毛根に影響して薄毛が進行します。

髪は、成長期、退行期、休止期という3つのサイクルを繰り返します。

AGAになると、成長期が短くなり、髪の毛が太く成長する前に抜けてしまうようになります。

育毛として

  • 食事改善
  • 育毛シャンプー
  • 頭皮マッサージ

などを試す人がいますが、これらではAGAを改善することができません。

これらの方法にはAGAの原因であるDHTに対して影響を与えないからです。

本気で治したいのなら病院で診察を受け、適切な治療を受ける必要があります。

こういった病院で適切な治療が受けられる

手軽に入る育毛グッズは効果も低い

最近ではこのほかにも育毛サプリなどさまざまな頭髪ケア製品が流通していますが、もしも試す場合には、医学的根拠があるのか事前に調べることをおすすめします。

髪をしっかり生やしたいのなら、“どのような仕組みで改善できるのか”が明確に記載されている商品を選ぶようにしましょう。

AGAを改善したいのなら、市販されている育毛サプリや育毛剤よりも、専門病院にて処方される薬剤を使用するべきです。

し最近では「DHTを抑制する作用がある」とうたっている育毛剤が販売されています。

もし、その育毛剤を使用するだけでAGAが改善されるのなら、わざわざ専門的な治療を受ける必要はありません。費用も病院より安くなるので魅力的です。

しかし市販されている商品は、どれもAGAを改善するほどの強い成分は入っていません。

効果を高めると薬になる

体に影響を及ぼすような強い薬は、医師の処方なく手軽に買うことができないように法律で決められています。

はっきりとした医学的根拠がないようなサプリメントがドラックストアで買えるのと同じように、ドラックストアで購入できる育毛剤はあまり人体に作用しないよう成分が制限されています。

DHTを抑制するほどまで効果を高めたのが、AGA治療薬の「プロペシア」という薬です。

プロペシアは、現在は世界60ヶ国以上で承認されている内服薬です。

日本でも2005年から国内にて販売開始されています。

プロペシアはDHTを生成するのに必要な「5α還元酵素」を阻害することで、DHTの生成を抑制します。

髪を改善したいのならプロペシアを試すのがおすすめです。

頭皮マッサージなど手軽に行える方法は医学的根拠がなく、得られる効果もいまいちです。

AGAの治療は専門病院に行き、医師のもとで適切に処置してもらうのが正攻法です。

おすすめのAGA専門病院を見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓