病院で薄毛治療を受けるときに知っておきべき点に治療費があります。

薄毛治療の代表的な病院の治療費を調べたので病院選びの参考にしてください。

治療費はどのくらい?

AGAスキンクリニックの費用

まずご紹介するのはAGAスキンクリニックです。

複数のプランが存在し、それぞれ料金も異なります。

ここでは、主流の3つのコースについてご紹介します。

1. ベーシックプラン
国内承認薬を使用した治療法です。

プロペシア、ザガーロ、ファイザーの3つを取り扱っていますが、それぞれ料金体系が異なります。

プロペシアは国内で厚生労働省も承認しているAGA治療薬で、薄毛や抜け毛の原因を改善させます。

ザガーロとファイザーも薄毛や抜け毛の改善に役立ちます。

プロペシアは初回4,200円で、2回以降が7,000円です。

ザガーロは初回4,800円で、8,200円です。

ファイザーは初回4,200円で、2回目以降は6,000円です。

2. オリジナルプラン
オリジナル発毛剤Rebirthは、内服薬1か月あたり14,000円から21,000円です。

外用剤は14,000円です。

一人一人の原因や状態に合わせてカスタマイズするため、料金は幅があります。

3. 育毛メソセラピー
注射器を使用し、頭皮に直接発毛カクテルを注入し、有効成分を取り込ませる治療法です。

ヘアサイクルの乱れを改め、止まってしまった成長シグナルを正常に戻すことができます。

AGAメソセラピーは1回あたり2ccでは50,000円、4ccでは70,000円です。

ヘアメディカルの費用

ヘアメディカルの費用は、2つに分けることができます。

1つ目は単剤処方治療法です。

こちらは、初診料・再診料と治療費を組み合わせ、11,000円から受けられます。

細かく見ていくと、初診料・再診料が5,000円。

治療で用いるプロペシア剤が1か月6,500円、ファナステリドが1か月6,000円、ザガーロが9,500円です。

2つ目は、積極的発毛治療法(アドバンスト発毛治療)です。

こちらは初診料と検査料で10,000円です。

具体的には、診察、血圧測定、マイクロスコープ、頭部撮影、血液検査が含まれています。

2回目以降の再来院では、一人一人の治療薬によって価格は異なりますが、15,000~32,000円です。

具体的には、診察、血圧測定、マイクロスコープ、頭部撮影、治療薬(1か月分)食生活・生活習慣指導が含まれています。

ヘアジニアス

最後にご説明するのがヘアジニアスの費用です。

主に2つの治療法があります。

1つ目は、毛量の現状維持を目的としたプロペシア処方です。

1か月3,980円からとなっています。

2つ目は、ヘアジニアス・プログラム(オーダーメイド処方)です。

1か月25,000円からとなっています。

一人一人の状態に合わせてカスタマイズで処方し、治療します。

薄毛を自覚するレベルなら月3万円の治療プラン

それでは具体的にどのプランが良いのでしょうか。

薄毛が気になり、発毛を促したいのなら次のプランがおすすめです。

AGAスキンクリニックの場合は、一人一人に合わせてカスタムする「オリジナルプラン」。

ヘアメディカルでは、積極的に治療を促す「アドバンスド発毛治療」。

ヘアジニアスでは、オーダーメード処方の「ヘアジニアス・プログラム」。

価格にして、21,000円から32,000円程度です。

高いと感じる人もいるかもしれませんが、他の病院を調べてみてもあまり大差はありません。

およそ3万円程度です。

安い価格の方が経済的にありがたいものですが、一方で発毛効果も低くなるというデメリットがあります。

それを考えると、妥当な金額を支払い、しっかりと治療を促した方が長期的に見てベターです。

もし、経済面での負担が気になる場合には、1年ほど治療を続けて十分に発毛したのちに、安いプランへ移行することをおすすめします。

十分に発毛したあとであれば、問題ありません。

AGAの治療は中長期で見据えて挑むものです。

即効性をうたうところもありますが、最低限度半年間は治療を試し、髪の変化を確認すべきです。

そうでないと適切な効果を見て取ることができません。

もし重度の薄毛状態で悩みを抱えている場合には、メソセラピーなどより積極的なメニューを加えるとよいでしょう。

そうすることで効果を早めることができます。

健康保険が効かないから高い

発毛治療はなぜこのように高いのかと疑問に感じる人もいることでしょう。

その理由は極めてシンプルです。

健康保険が大きく関係しています。

ある方が寄せた質問を例にとって、説明します。

Q 発毛治療に健康保険は適用になりますか?

A 発毛治療は、厚生労働省による保険適用外にあたりますので、健康保険は適用されず、自費診療(自由診療)になります。

今後、頭髪治療を受診できる医療機関が増え、多くのお薬が医薬品メーカーから発売されれば、将来的には保険適応される可能性もあるのではないでしょうか。

引用元:ヘアメディカル

その他に指導料や手間の費用も薬に含まれている

治療費が高いと感じる人もいるようですが、純粋な治療費ではなく、治療に用いられる手間費などが含まれています。

海外で安い薬も輸入すると費用はかなり高くなります。

正式に輸入するといろいろな手続きも煩雑です。

また適切な指導料も頂きたいと思います。

それが高いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

当院ではそのような場合「個人輸入で直接入手されたらいかがですか?」とすすめるようにしています。

引用元:ヨコ美クリニック

一番費用を安くする方法は?

それでは一番費用を安くするにはどのようにしたらよいのでしょうか。

海外の薬を代行サイトを使って個人輸入する

安く抑えるためには代行サイトを使用し、海外の薬を個人輸入することは可能です。

それによって安価で治療をすすめられます。

しかし、薬には相性があります。

自分に合わない薬を使用することで、副作用を彦起こす可能性があり、非常に危険です。

血液検査を行わずに、使用することは一定のリスクがあるのです。

実際に自己判断で使用して、薬の副作用に苦しむ人もいます。

それの例をご紹介します。

ミノキシジルタブレットの副作用はいつまで続くの?
10ミリを4日前から服用しています。

昨日夕方から強い動悸、顔のほてり、胸の息苦しさが現れました。

一日経った今も症状がでている状態です。

体に合わないのがわかりましたので、服用をやめようと思いますが、、
この副作用はどれくらい続くものなのでしょう?

引用元:ヤフー知恵袋

ミノキシジルタブレットを飲みはじめて一ヶ月たちました、動悸と不整脈が出て苦しいです。

引用元:ヤフー知恵袋

私は2mgのミノタブを飲み始めて20日くらいしてから慢性的な頭痛が出てきました。

今は2日に一回2mgのミノタブを飲んでいて、以前ほどの頭痛はないですが寝起きが悪くなった気がします。

通ってるクリニックの医師曰く頭痛、めまいの症状が出る人は結構いるとのことです。

引用元:ヤフー知恵袋

安く抑えたいがために自己判断で薬を輸入し、投与することは副作用のリスクがあります。

AGAクリニックの無料カウンセリングを受けて費用を聞いてみよう

迷ったときにはAGAクリニックの無料カウンセリングを受けてみましょう。

そこでは何でも質問できます。

不安に感じる費用面を聴き、解消させましょう。

おすすめのAGA専門クリニックのサイトを見る

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

写真だとどのくらい髪が改善するかが分かりやすいです。

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

ナイナイの岡村さんはAGA治療薬で髪を復活させたとラジオで告白しました。

⇒ ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した

お笑いの宮迫さんも昔よりフサフサになっています。

⇒ 宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

薄毛治療のAGA病院ランキング

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

 ヘアメディカル

 ヘアジニアス