ハゲの治療方法はいくつか種類があり、原因に合わせて正しい対処法をする必要があります。

一般にAGA(男性型脱毛)の治療にかかる費用は健康保険が適用されず、高額になりがちです。

どれくらいの治療費なのかを紹介します。

病院でハゲ治療を受けた時の治療費は?

基本の治療は2種類

病院で受ける治療の目的は、

  1. 髪の現状維持
  2. 積極的な発毛

の2通りがあります。

髪の現状維持にはフィナステリドという治療薬が処方されます。

フィナステリドはAGAの原因となるDHT(DHT)が生成されるのを抑制する治療薬で、プロペシアという商品名で多く販売されています。

また、発毛にはミノキシジルやオリジナル治療薬が使用されます。

ミノキシジルは市販薬リアップの主成分であり、血流を高めることで発毛を促す外用薬です。

フィナステリドとミノキシジルは薄毛治療に多く使用される2大柱となっており、これらの成分やその他の発毛成分を配合したのがオリジナル治療薬です。

治療薬の1ヶ月分の相場は以下の表のとおりです。

項目値段おすすめ度
現状維持5,000円~10,000円
発毛15,000円~30,000円

フィナステリドはおよそ5,000~10,000円、ミノキシジルやオリジナル治療薬は15,000~30,000円が相場です。

この表によると現状維持よりも発毛の治療の方が費用が高めになっているのがわかります。

治療薬はおよそ1ヶ月に1度通院するたびに処方されます。

価格は病院のホームページで確認できる

こういった費用は以下のホームページでも確認することができます。

AGAスキンクリニック料金表

ヘアメディカル料金表

ヘアジニアス料金表

AGA治療は自由診療なので、それぞれの病院で自由に価格を設定することができます。

そのため病院に行く前に、一度その病院でかかる治療費を確認しておきましょう。

ただしこの価格はあくまでもおおよそのものです。

症状は人によって違いますし、体質によっても使用する治療薬が変わるのでそれに合わせて料金も変わります。

「自分の症状の場合は治療するのにどのくらいの費用がかかるのか知りたい」のなら、病院の無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

無料カウンセリングでは、お金をかけずにプロの視点から頭皮の状態をみてもらうことができます。

また、いくつかの病院の無料カウンセリングを受け、価格を比較してみるのもいいでしょう。

ハゲ治療をくわしく知りたい人は、一度無料カウンセリングを受けることをおすすめします。

おすすめのAGA専門クリニックのサイトを見る