豆乳が薄毛に良いと聞いたことがありますが、本当に効果があるのでしょうか。

残念ながら豆乳や納豆で男性の薄毛は治りません

DHTが髪の成長を止めるから薄毛になる

男性の薄毛の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉脱毛ホルモンにあります。

通常の髪の毛は2~6年くらい成長を続けます。

しかし、DHTの影響を受けてしまうと成長期が半年から1年くらいに短縮してしまいます。

成長期が短くなった髪は太く成長する前に細いまま抜け落ちてしまいます。

年とともにDHTの影響は強くなるとハゲの範囲も広くなっていきます。

DHTの作用による薄毛をAGA(男性型脱毛症)といいます。

AGAになると生え際が後退したり、つむじ付近が薄くなってきます。

参考リンクAGAの原因

男性の薄毛のほとんどはAGAです。

もし薄毛が進行しているのならAGAになっている可能性が高いです。

大豆製品と薄毛の関係について

ネットなどで豆乳や納豆、豆腐といった大豆製品が髪に良いと言われているのは次の考えからのようです。

  • 大豆の栄養素(タンパク質やアミノ酸など)が髪の成長を助ける
  • 大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と似ており、男性ホルモンを抑える効果がある

それぞれについて信頼性の高い情報を調べました。

大豆の栄養素は髪の成長を助けない

薄毛対策についてまとめている本では、食べ物と薄毛の関係を次のように書いています。

ただし、普通の食生活や健康状態では、毛髪の成長速度やヘアサイクルは食べ物の影響を受けるものではないということと、食品によい悪いというものはないことを初めに断っておきます。

テレビ番組などで何かが体に良いと言われると、そればかり摂る人がいるが、一つや二つの食品だけで健康を維持できるような栄養などは絶対にない。

日々のバランスの中にそれらを混ぜるとよいという程度に考えるべきである。

直接的に大豆製品に言及してるわけではありませんが、いずれも食べ物で髪が生えるわけではないと言っています。

豆乳を飲んで栄養を補給しても髪は生えてこないようです。

イソフラボンは男性ホルモンを抑えない

AGAによる薄毛を抑えるためにはDHT(ジヒドロテストステロン)が作られるのを防がなくてはなりません。

しかし、次の研究ではイソフラボンを投与してもDHTに影響はなかったとしています。

Meta-analyses of the two studies including men with identified risk of PCa found a significant reduction in PCa diagnosis after administration of soy/soy isoflavones (risk ratio = 0.49, 95% CI 0.26, 0.95).

Meta-analyses indicated no significant differences between groups for prostate-specific antigen (PSA) levels or sex steroid endpoints (sex hormone-binding globulin [SHBG], testosterone, free testosterone, oestradiol and dihydrotestosterone).

(グーグル翻訳)
PCaの識別されたリスクを持つ男性を含めた二つの研究のメタ分析は、大豆/大豆イソフラボンの投与後(リスク比= 0.49、95%CI 0.26、0.95)のPCa診断の有意な減少を発見しました。

メタ分析は、前立腺特異抗原(PSA)レベルまたは性ステロイドのエンドポイント(セックスホルモン結合グロブリン[SHBG]、テストステロン、遊離テストステロン、エストラジオールおよびジヒドロテストステロン)にグループ間で有意差を示しませんでした。

DHTを抑えるなら病院の治療が効果的

大豆製品はDHTを抑えられませんが、病院の治療なら抑えられます。

病院ではDHTを抑え髪の成長を促進するプロペシアミノキシジルを配合した治療薬を処方してくれます。

どのくらいで効果が出るのか?

DHTを抑えるには病院の治療が効果的ですが、いったいいつごろから効果を実感できるようになるのでしょうか。

発毛効果を実感できる期間として最も多いのが「4~6か月」です。

もちろん、治療には個人差があり必ずこの期間で効果を実感できるとはいえませんし、早い人ですと2~3か月ほどで発毛効果を感じます。

発毛を実感できるまでの流れとしては、治療開始から1か月ほどで毛髪にコシが出るのを感じるようになり、そして3か月ほど経過すると

  • 産毛が濃く太く目立つようになる
  • 抜け毛が減る

などを実感し、半年ほどで全体的に変化したと感じるようになります。

AGA治療に取り組もうとされる人は多くいますが、独自の間違った方法で行うとなかなか効果を実感できず、途中で挫折してしまうことがあります。

そのため専門医師のもとで的確な治療を行い、できるだけ早く発毛効果を実感できるようにすることが重要です。

真剣に薄毛を治したいのなら一度診察を受けてみることをおすすめします。

おすすめのAGA専門クリニックのサイトを見る

参考リンク つむじハゲと普通のつむじの違い

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓