Amazonではロゲインを売っていません。

ロゲインの入手方法を紹介します。

ロゲインはAmazonで扱っていない

ロゲインは、米国のファイザー製薬が開発したミノキシジル含有の発毛剤の元祖です。

もともとは高血圧の治療薬として利用されていましたが、服用している患者に多毛症の副作用があったことから、医療用の外用発毛剤として1980年代に開発されました。

ロゲインの主成分ミノキシジルには高い発毛効果が認められており、2010年の日本皮膚科学会が発表した男性型脱毛症治療ガイドラインでは、最高評価のAランクを獲得しています。

ただし、ロゲインは国内では未認可の薬なのでAmazonでは販売されていません。

Amazonで購入できる発毛剤は、認可を受けた大正製薬のリアップだけです。

では、ロゲインはどこで購入することができるのでしょうか?

入手先1:個人輸入代行サイト

ロゲインは個人輸入代行サイトのネットで購入することができます。

おもな個人輸入代行サイトは次のとおりです。

  • オオサカ堂
  • アイドラッグストア
  • お薬なび

いずれの個人輸入代行サイトも、ロゲインをはじめとする海外製のミノキシジル発毛剤を販売しています。

輸入先はシンガポールや香港からで、国内に到着するのは注文から約7~10日ほどです。

個人輸入代行サイトのメリット・デメリット

個人輸入代行サイトでロゲインを購入するメリット・デメリットを紹介します。

個人輸入代行サイトのメリット

個人輸入代行サイトを利用すれば、医師の処方せんなしでもロゲインなど、Amazonでは購入できない海外製のミノキシジル発毛剤を購入することができます。

さらに、医師の処方で購入するよりも安く手に入れることができるというメリットもあります。

個人輸入代行サイトのデメリット

個人輸入代行サイトは、たとえ日本法人であっても正規ルートではありません。

個人輸入の医薬品には偽造医薬品の疑いが100%ないと言い切れないことは、注意しておく必要があります。

万が一、健康被害が起きた場合も、すべては自己責任となるので安全面が保証されません。

さらに、医師の処方なしに海外製の発毛剤が購入できるということは、自身の体質や症状に適した薬、適した薬量がわからないというデメリットがあることも覚えておきましょう。

入手先2:AGAクリニック

薄毛・AGA治療専門クリニックや皮膚科では、医師の処方によってAmazonでは販売されていないロゲインを処方してもらえる場合があります。

事前に専門医の診療や検査を受けるので、個人輸入代行サイトで購入する際の不安要素である安全面に関して、大きなメリットがあります。

AGAクリニックのメリット・デメリット

AGAクリニックでロゲインを購入するメリット・デメリットをご紹介します。

AGAクリニックのメリット

事前に医師の診療、アレルギー検査などを受けることができるため、自分の体質や薄毛の症状に合った医薬品を処方してもらえます。

医師に処方される発毛剤は正規ルートなので安全面が保証されており、万が一健康被害が起きた場合も救済措置が受けられます。

AGAクリニックのデメリット

AGAクリニックでは、必ずしもロゲインを処方されるとは限りません。

また、個人輸入代行サイトに比べて価格は高めに設定されています。

安全面を考慮すれば、多少割高であることは大きなデメリットとは言えません。

ロゲインを購入する際は、安全面でのリスクが高い個人輸入代行サイトを利用するよりも、AGAクリニックで医師に処方してもらうことをおすすめします。

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※今、薄毛がおすすめの病院を見ておきましょう!

写真だとどのくらい髪が改善するかが分かりやすいです。

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

ナイナイの岡村さんはAGA治療薬で髪を復活させたとラジオで告白しました。

⇒ ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した

お笑いの宮迫さんも昔よりフサフサになっています。

⇒ 宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

薄毛治療のAGA病院ランキング

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

↑ 4月の割引キャンペーン中!かなり安くなります。

 AGAヘアクリニック

 ヘアメディカル