治療というのは体に影響を与える行為です。

良い影響がある反面、悪い影響を受けてしまう可能性もあります。

AGA治療にどんなリスクがあるのか紹介します。

知っておくべきリスクは?

治療薬の副作用のリスクがある

AGA(男性型脱毛症)の治療には、主にプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルが使用されます。

プロペシアは、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを作る5α-還元酵素を阻害することでAGAを改善する薬です。

ミノキシジルは、本来高血圧の薬として使用されていましたが、脱毛症を改善させる効果が発見され、現在ではAGAの治療薬として用いられています。

これらの薬は、AGAの治療に役立ちますが、さまざまな副作用があります。

どんな副作用が起きるのか

それぞれの薬の副作用は次のとおりです。

プロペシア(フィナステリド)

性欲減退、勃起不全(ED)、肝機能障害

このような副作用の頻度は少ないため、特に注意する必要はありません。

また、重大な副作用である肝機能障害についても、発生頻度がはっきりしていないものの、滅多に起こることはありません。

ミノキシジル

頭皮のかゆみやかぶれ、動悸、胸の痛み、手足や顔のむくみ、低血圧など

基剤のプロピレングリコールに対してアレルギー反応が起こることがあり、それが頭皮のかゆみを引き起こします。

また、因果関係は不明であるものの、ミノキシジルを使用して循環器疾患により死亡したケースがあります。

実際に起きる可能性は低い

薄毛の治療薬で副作用が起こる頻度は低いですが、服用する場合はクリニックでしっかり説明を受けましょう。

クリニックで、ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)を使用しても副作用が起こるかどうか検査を受けることで、副作用で苦しむリスクを下げることができます。

薬の効果や治療方法を説明してくれる専門クリニックの無料カウンセリングに参加して詳しい話を聞いてみましょう。

おすすめのAGA専門クリニックのサイトを見る

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

写真だとどのくらい髪が改善するかが分かりやすいです。

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

ナイナイの岡村さんはAGA治療薬で髪を復活させたとラジオで告白しました。

⇒ ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した

お笑いの宮迫さんも昔よりフサフサになっています。

⇒ 宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

薄毛治療のAGA病院ランキング

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

 ヘアメディカル

 ヘアジニアス