20代でもハゲに悩んでいるひとは多いです。

ハゲが発生する原因はいろいろあるので、改善するには原因に合わせた正しい対策が必要です。

どんなハゲ対策が良いのか

原因を知った上で対策を選ぶべき

ハゲの種類には次のものがあります。

  • 円形脱毛症:主にストレスが原因
  • 粃糠性脱毛症:フケの炎症が原因
  • 男性型脱毛症(AGA):悪玉脱毛ホルモンが原因

これらの中で、20代男性の薄毛の原因のほとんどは男性型脱毛症です。

AGAは「Androgenetic Alopecia/アンドロゲン性脱毛症」の略で、「DHT(ジヒドロテストステロン)」というホルモンによって引き起こされます。

このDHTは「悪玉脱毛ホルモン」とも呼ばれます。

ひたいの生え際(前頭部)やつむじ周り(頭頂部)の髪は、DHTの影響を受けて脱毛しやすい特徴があります。

この2ヶ所が薄くなり始めたと感じるならAGAである可能性が高いです。

AGAの改善には医学的根拠のある治療を行う必要があります。

ハゲ対策のほとんどはAGAに効果なし

ハゲ対策としては、

  • 育毛シャンプー
  • 育毛サプリ
  • 亜鉛
  • 頭皮マッサージ

などさまざまなものが知られています。

しかしこれらのほとんどは医学的根拠がなく、AGAには効果がありません。

AGAを改善するにはDHTの生成を抑制する必要がありますが、これらの方法では抑制することができないからです。

DHTの生成を抑えるのが重要です。

AGAには病院の治療が有効

AGAの治療は病院に行くのが1番の解決法です。

最近ではAGAの認知度の高まりもあり、AGA治療専門の病院が増えてきています。

専門病院では皮膚科などの一般的な病院よりもプライバシーが確保されており、知人に通院しているのを見られたくないというひとにも配慮がされています。

また、「プロペシア(フィナステリド)」や「ミノキシジル」といった発毛薬を処方してもらえます。

これらの発毛薬は、厚生労働省でも認可された信頼性の高い治療薬であり、DHTの生成を抑えることでAGAを改善します。

このように専門病院では、AGAの専門医や治療のプロによって医学的根拠のある治療をしてもらうことができます。

そして症例数の多い病院では、20代といった若い世代のAGA治療も数多く行ってます。

また、専門病院の多くは無料カウンセリングを行っています。

無料カウンセリングではお金をかけずにプロの視点から頭皮や毛髪の状態を見てもらえますし、治療法や治療費の相談をすることができます。

ハゲの対策をしたい、自分がAGAなのか知りたいという人は、一度、専門病院に行ってみることをおすすめします。