M字ハゲは、AGA(男性型脱毛症)の一種です。

「一度、ハゲや薄毛になってしまうと治らない」と言う認識を持つ人が多いですが、適切な治療を受ければ改善は可能です。

最近ではAGA治療を専門とするクリニックも増えています。

M字ハゲの治療方法にはいくつか種類があります。このページではどんな方法があるのかを説明します。

M字ハゲを治療する方法は?

プロペシア

AGA治療で最も使用される内服薬は、「フィナステリド」を成分とした「プロペシア」です。

フィナステリドは当初、薄毛対策ではなく前立腺関係の治療薬でした。

投薬の過程でなぜか全く関係のない髪が増える事が判明し、髪を増やすことだけに特化して新しく作られたものが「プロペシア」です。

その効果と安全性から今では世界60カ国以上で承認され、日本でも2005年10月に厚生労働省より製造販売承認が取得され、同年12月には日本国内でも販売が開始されました。

髪を少なくしたり脱毛したりさせてしまうDHTには、5αリダクターゼという酵素が大きく関係しています。

フィナステリドにはこの酵素がDHTとかかわるのを阻害する作用があります。

プロペシアは現状維持向きの薬

プロペシアは、あくまで抜け毛の進行を抑えるだけであり、発毛効果までは期待できません。

特にM字部分は改善するまでに時間が掛かる上に、改善が難しい部分でもあるため、プロペシア治療だけで改善する可能性は低いです。

ミノキシジル(塗り薬)

プロペシアと同じく、AGA治療薬として効果があると言われるミノキシジル。

これは元々ハゲの治療として使われていた訳ではなく、最初は血圧を下げる薬としてアメリカで使用されていました。

しかし、服用する患者に発毛効果が見られた事から、研究が重ねられた結果、薄毛や脱毛症に効果がある成分と認められたのです。

日本では1999年に厚生労働省より正式に承認されました。

名前だけ聞くと専門医療機関でしか取り扱われていないように思えますが、実は私達の身近にあります。

リアップもミノキシジル配合

大正製薬が販売している、「リアップ」という商品です。この商品には、ミノキシジルが使われています。

では、なぜ血圧を下げる薬が、髪を生やす効果を生み出しているのでしょうか。

それは、ミノキシジルの血流促進作用にあります。私達の髪の毛には、髪の根元にある「毛球」とその中にある「毛母細胞」があり、毛母細胞が細胞分裂を繰返す事で太く丈夫な髪の毛が生えてきます。

これが正常な発毛の仕組みです。正常な髪の毛を維持する為には毛母細胞が何時も活発に働く必要があります。

そのためには毛母細胞と繋がり、髪に必要な栄養素を送る「毛細血管」が大きく関係しています。

健康な発毛とは、毛母細胞が活発に機能していると言う事ですが、毛母細胞が活発に機能しないと、健康な髪の毛が作られず、短く細い髪の毛ばかり増えていき、やがて薄毛となっていきます。

つまり毛母細胞の活性化に欠かせない、毛細血管の血流が良くないといけません。ミノキシジルの血流促進作用は、この過程で発揮されるのです。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルには安全と言われていますが、副作用が0と言う事はありません。

外用薬においては、頭皮のかぶれや痒み、動悸などが報告されていますが、きちんと用法などを守り使用すれば、心配する必要はほとんどありません。

しかし、ミノキシジルは先にもお話したように、元は血圧を下げる為に使用されていたものです。

心疾患や低血圧などの持病がある人は、ミノキシジルによる治療を受ける前に、医師に必ず持病がある事を伝えるようにしましょう。

ミノキシジルタブレット(飲み薬)

ミノキシジルタブレット(内服薬)も、外用薬のミノキシジルと同様の作用があります。

ですが、効果の程度は変わります。外から塗る外用薬よりも、直接体に入り込む内服薬の方が当然効果は高いです。

プロペシアなど他のAGA治療薬と比較しても、強い発毛効果があるミノキシジルですが、実は外用薬以外、日本では正式に認められていないのです。

これ程の効果があるのに認可されないのか。発毛効果が強いと言う事は、副作用が強く現れる可能性も高くなると言う事です。

タブレットはミノキシジルを体内で吸収している為、外用薬よりも強い副作用が出るのです。

外用薬で起こり得る副作用はもちろんの事、既に経口血圧降下剤を服用されている方や低血圧の人は要注意です。

外用薬でもお話したように、ミノキシジルは血圧を下げる効果もあるので、血圧が下がり過ぎる危険性があります。

該当される人は、服用している薬や低血圧である事などを事前にお話しておきましょう。

ミノキシジルタブレットは、絶大な発毛効果があるものの、専門クリニックによっては処方するクリニックと処方しないクリニックがあります。

理由は、ミノキシジルタブレットの長期間の服用による副作用と言うデメリットを避ける為です。

専門クリニックでは、ミノキシジルを主成分にし、クリニック独自のオリジナル処方薬によってミノキシジルを利用する事が多いです。

ミノキシジルに加え、発毛に必要なビタミンやミネラルといった成分を専門医により調合し、ミノキシジルの発毛効果作用は残したまま、副作用のリスクを減らした治療薬の処方が可能なのです。

個々の症状に合わせた治療薬であり、安全性を考慮されていると言う事は、患者にとって大変大きなメリットとなりますね。

AGAメソセラピー

「メソセラピー」と言う言葉を知っている人は少ないのではないでしょうか。「セラピー」は「治療」と言う意味があり、「メソ」は人間の身体に直接薬液などを注入する治療法と言う意味があります。

美容整形分野では「脂肪溶解注射」として「メソセラピー」が用いられており、専門のクリニックで行われる医療行為になります。

AGAメソセラピーは「育毛メソセラピー」「毛髪メソセラピー」「Dr’sメソ」などクリニックによって呼ばれ方は様々です。内服薬や外用薬による治療よりも発毛効果が高いとされ、治療薬と併用して受ける方や、持病があり治療薬が使えない方が受けられる治療法でもあります。

AGAメソセラピー治療とは、クリニックによって内容は異なりますが、頭皮に直接、発毛有効成分を浸透させると言う点は同じです。異なるのは成分を浸透させる為に用いられる器具が、注射器、超音波、レーザーであると言う点です。

これらの器具を用い、発毛効果があるミノキシジルやヒアルロン酸、コエンザイムQ10などを配合した、クリニック独自の治療薬を直接頭皮から注入し浸透させるので、内服薬や外用薬による治療に比べると、遥かに発毛効果を実感できる治療法なのです。

投薬治療に比べると効果も高い治療ではありますが、その分費用も高めです。AGA治療は保険適用外なので、ご自身にとって必要な治療か、医師と相談し納得した上で受けるようにしましょう。

AGA幹細胞再生治療

最近、世界的にも注目されてきているAGA治療が「AGA幹細胞再生治療」です。

幹細胞再生治療の内容をお話する前に、「幹細胞」とは何か、簡単に説明しておきます。

私達の体内には様々な種類の細胞が存在します。1つ1つの細胞の寿命は短い為、絶える事のないよう、失われた細胞を再度生み、補充するといった力を持つ細胞を「幹細胞」と言います。

AGA幹細胞再生治療とは「HARG(ハーグ)療法」とも言われています。

「HARG」は、「Hair Re-generative theraphy」の頭文字を取ったもので、「毛髪を再生する」と言う意味があります。全国180を越える医療機関に導入されている、最先端のAGA治療です。

幹細胞から抽出した150種類以上の成長因子を直に頭皮へ噴射あるいは注入します。

ちょっと怖そうですが、自分の体から取り出したものを使うので流れ的には自分の細胞が自分に戻るだけですから、副作用や相性などの問題は全くありません。

衰えてしまった頭皮の細胞や発毛に必要な毛母細胞の働きを再生、修復し発毛を促進させるだけではなく、治療が終わった後も発毛が止まる事なく継続します。

内服薬は男性にしか使うことができないものもあるのですが、この治療方法は性別を選ばず誰でも受けることができます。

なお、症状の度合いによっては、発毛効果のあるミノキシジルなどを組み合わせられる事もあります。

自毛植毛

「自毛植毛」とは、その名の通り、ご自身の髪の毛を薄くなった部分に植え付ける方法です。

施術には、メスを使用する「FUT法」とメスを使用しない「FUE」法がありますが、メスを使用すると術後の痛みや抜糸などのリスクがある事から、ほとんどのクリニックではメスを使用しない方法が用いられます。

「FUE法」では、専門の器具を用い、髪の毛が生える源となる毛根を1つ1つ頭皮から抜き取ります。

次に薄毛部位に約0.6〜0.8mm程の極小さな穴を開け、穴に採取した毛根を植え付けるといった方法です。

植毛に使用する髪の毛は、どの部分の髪の毛でも良いというわけではありません。

使用する髪の毛は、後頭部あるいは側頭部の髪の毛を使用します。

なぜ使用する髪の毛を限定するのか。薄毛などの症状は、頭頂部や生え際などが薄く、後頭部や側頭部の髪の毛は残っていませんか?

後頭部などは、AGAの原因となる男性ホルモンの影響を受ける事がない為、植毛後も永久的に効果が続きます。

自毛植毛を1度すれば、シャンプーなど普通の髪の毛と同様にする事が可能です。何より、ご自身の髪の毛なので仕上がりに違和感があると言う事もありません。

診察に行って自分にあった治療を受けよう

AGAは、M字ハゲやU字ハゲ、薄毛や脱毛症など個々異なります。

同様にM字ハゲやU字ハゲでも、まだ初期段階の人もいれば、かなり症状が進行している人など進行具合が違います。

そのため、自分の状態に最適なクリニックを選ばなければ、改善しません。

自分に適したクリニックを探すとなると、クリニックの多さ、サイト内の口コミ、評判に頭を悩ませてしまいます。

口コミや評判もクリニックを決めるには必要な情報源ですが、ベストな方法は、直接クリニックで診てもらうことです。

まずは、専門のクリニックで行われている「無料カウンセリング」で今の症状や進行具合を診てもらい、薄毛の状況を把握する事が大切です。

無料カウンセリングでは、来院された方の症状から適切な治療法、それに伴う費用などを医師が提案してくれます。

できれば、クリニック独自のオーダーメイド処方や育毛セラピーなど、どのような症状でも対応可能なクリニックでカウンセリングを受けた方が、提示される治療法の幅も広がりますね。

おすすめのAGA専門クリニックのサイトを見る

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛(AGA)治療のおすすめクリニック3選
髪を復活させるならこちらの専門クリニックがオススメです。

写真で見るAGA治療の効果
ビフォーアフター写真です。劇的に髪が改善しています。

宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか
写真あり。昔よりフサフサで完全復活。

ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した
ラジオで治療方法や周囲の反応を告白しています。

日本全国のおすすめクリニック一覧
日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

おすすめAGAクリニック3選

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

↑ 10月の割引キャンペーン中!かなり安くなります。

 AGAヘアクリニック

 ヘアメディカル