プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。

プロペシアには脱毛の原因成分(DHT)が体内で作られるのを抑える効果があります。

DHTによって抑えられていた髪の成長が、プロペシアの効果でDHTが減り髪の成長が再び促されるので薄毛が改善します。

このページではプロペシアの効果や副作用、注意点を紹介します。

プロペシア(フィナステリド)とは

Propecia001
プロペシアはAGA治療薬として有名ですが、これは商品名で実際の薬の名前は「フィナステリド」といいます。

このフィナステリドは、もともとアメリカで1992年に前立腺肥大症の治療薬として認可されました。

ところが臨床試験で患者に投与したところ育毛効果が確認されたため、1997年には男性型脱毛症(AGA)の治療薬としても認可されることになりました。

現在では世界60ヶ国以上で販売されています。

プロペシアが登場するまでの脱毛症治療薬は、ミノキシジルのように頭に塗るタイプがほとんどでした。

それに対してプロペシアは飲むタイプの治療薬(内服薬)です。

プロペシアが発売されたときは「世界初の飲む治療薬」として大きな注目を集めました。

日本では2005年に厚生労働省に0.2mg錠と1mg錠が認可され製薬会社のMSD社から発売されています。

それ以来、髪に悩むたくさんの患者がプロペシアでハゲの悩みを解消しています。

日本皮膚科学会も脱毛症治療にプロペシアを推奨している

脱毛症の研究をしている日本皮膚科学会は、病院で男性型脱毛症の診療をするときの指針として「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」(PDF)を公開しています。

この診療ガイドラインでは、プロペシア(フィナステリド)について「推奨度A(行うよう強く勧められる)」ともっとも高く評価しています。※男性のみ推奨

dermatol001

出典:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)p979

下図の治療のフローチャートでも薄毛の症状にかかわらずフィナステリドを使用するように示されています。

dermatol003

出典:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)p980

女性にはあまり効果がなく、妊娠中に服用すると胎児に悪影響が表れる恐れがあるので女性の使用は不可です。男性のみ服用できます。(診療ガイドラインの解説

プロペシアで薄毛が改善する仕組み

男性薄毛には、次の3つの成分が関係します。

  • テストステロン(男性ホルモン)
  • 5αリダクターゼ(変換酵素)
  • DHT(ジヒドロテストステロン、悪玉脱毛ホルモン)

テストステロンが髪の毛根内に届くと5αリダクターゼと反応してDHTに変化します。このDHTが毛根にある男性ホルモン受容体に結びつくと髪の脱毛を促進されます。

image001

こういう仕組みによる薄毛を男性型脱毛症(AGA)と言います。

AGAによる薄毛は中年男性に多く見られます。これは年を取るにつれ、毛根がDHTの影響を受けやすくなるためです。(AGAで薄毛になる理由

プロペシアは5αリダクターゼがテストステロンに作用するのを防ぐことでDHTの生成を抑えます。DHTが減ることで髪の成長を抑えるものがなくなるので再び髪が成長し始めます。

プロペシアの効果

プロペシアの効果は臨床試験で確認されており、プロペシアを服用することで髪が改善することがわかっています。その臨床試験の結果が下の表です。これは1mgフィナステリド錠を1日1回服用した結果です。

項目 1年間服用 2年間服用 3年間服用
髪が減った 2% 2% 2%
変化なし 40% 30% 20%
髪が増えた 58% 68% 78%

この結果からは次のことがわかります。

  • 1年間服用すると58%の人の髪が増え、3年服用で78%の人の髪が増える
  • 続けて服用することで少しずつ薄毛が改善する人が増えている
  • 変化なしと髪が増えた人を合計すると98%になり、服用することでほとんどの人の薄毛の進行が止まる
  • 薬の効果がない人も2%いる

こちらが実際にプロペシアを服用した人の髪の経過写真です。「著明改善(すごく生えた)」の人は3年服用を続けると頭皮がほとんど見えなくなるまで改善しています。

dermatol005

下の男性もプロペシア服用でハゲが見違えるように治っています。

Propecia001

出典:マイナビニュース

プロペシアによってどのように髪が生えていくか

プロペシアを服用することでどのように薄毛が改善していくのかを順番に紹介します。

  • 開始~2ヶ月:変化なし、一部の人に初期脱毛という抜け毛が増える現象が起きる
  • 3ヶ月:抜け毛が減り、産毛が目立ち始める
  • 4~6ヶ月:産毛が太くなり、髪が濃くなったと実感し始める
  • 6ヶ月~1年:明らかに抜け毛が減る。髪のボリュームが増える
  • 1~3年:少しずつ髪のボリュームが増えていく
  • 4年以降:髪の量が維持される

初期脱毛とは、服用開始から2ヶ月目くらいに起きる抜け毛が増える現象のことです。

プロペシアが効果を発揮すると毛根の部分で太い毛が生える準備が始まります。

そのため今生えている細い毛が一斉に抜け落ち始めます。一時的な抜け毛の増加は薬が効いている証拠でもあるので心配する必要はありません。

どんな薄毛でも治るわけではない

上で紹介した表では3年間服用した人の約80%が「髪が生えた」となっていますが、髪の生え具合にはばらつきがあります。

すべての人がフサフサになったわけではありません。

以前より少しだけ増えた人も「髪が増えた」に分類されています。

ですから、プロペシアを服用しても自分が望むほど髪が回復しない人も出てきます。

臨床試験で著しい改善(髪がフサフサ)が見られたのは頭頂部(つむじ)の薄毛で約6%、前頭部(生え際)の薄毛で約2%でした。

プロペシアで薄毛の進行は止められますが、完全に薄毛が治るのを期待するのは厳しいようです。

確かにプロペシアの説明書には「男性における男性型脱毛症の進行遅延」が効果効能であると書いてあります。「発毛」とは書いてありません。

もっと薄毛を改善したいのなら発毛薬のミノキシジルと併用するなど対応を取ると良いでしょう。

薄毛治療の専門病院ではこういった薬を適切に組み合わせてできるだけ発毛効果を高める処方を行ってくれます。

参考:ミノキシジルとは発毛を促進する薄毛治療薬【効果と副作用】

服用方法

AGAの治療目的でプロペシアを服用する場合には1日1回1錠を毎日服用します。

錠剤にはプロペシアの含有量が0.2mgもしくは1mgの2種類があります。

なおAGAの治療では1日に1mg以上のプロペシアの服用は禁止されているのと、服用する量を増やしても効果が倍増することはないので、服用量はしっかり守るようにしてください。

服用するタイミングですが特別な決まりはなく、食前や食後のどちらの服用でも全く問題ありません。

ただしプロペシアの血液中濃度を安定させるためにも毎日同じ時間に服用するのが理想的ですので、できれば朝食後、就寝前など自分で服用する時間帯を決めておくと良いでしょう。

またプロペシアを服用してから効果が感じられるまでには個人差があるために、最低3ヶ月から6ヶ月は様子を見るようにしてください。

ただし6ヶ月以上服用しても効果が得られない場合には一旦服用をやめて医師に相談してみてください。

使用上の注意点

プロペシアを服用する際には以下の点に注意してください。

  •  20歳以下の未成年と女性はプロペシアの服用は控える
  •  プロペシア服用中の場合は輸血を控える(妊婦や授乳中の女性がプロペシアを含む血液を輸血されると、男性胎児や乳児の生殖器官等の発育に悪影響を与えるリスクがある)
  •  効果があっても服用を中断するとAGAが再び進行する
  •  前立腺がん検診の受診前に検査する医師にてプロペシアの服用の旨を伝える
  •  ごく稀に副作用として性欲減退、インポテツがある
  •  肝機能障害があらわれることも考えられる
  •  気になる症状があれば医療機関に相談する

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用には、次のものがあります。

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 肝機能障害

ただ、頻度は少なく、表れた症状も深刻なものではありませんでした。

プロペシアの説明書には次のように数%の確率で副作用が起きたと書いてあります。

48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)等であった。

出典:プロペシア説明書

こういった副作用は使うのをやめればすぐに回復します。

しかし、ごく一部の副作用は使用をやめても副作用の状況が改善しないというケースがあるようです。

こういったケースをポストフィナステリド症候群と呼ばれています。

副作用が起きる確率はかなり低いですがゼロではありません。医師の診察を受けてから慎重に服用することをおすすめします。

プロペシアを手に入れる方法

プロペシアは医薬品ですからドラッグストアでは売っていません。病院で医師の診察を受けないと手に入れることはできません。

病院では1ヶ月分(30錠)を6,000~10,000円くらいで売っています。

その他には海外で売られている薬を個人輸入で手に入れる方法もあります。

値段の安いジェネリック医薬品(フィンペシアやフィンカー)なら1ヶ月分が2,000円くらいで売られています。

個人輸入代行サービスを運営しているオオサカ堂などを利用すると、ネット通販感覚でわりと簡単に買うことができます。

しかし、個人輸入の薬には次の危険性があり、政府広報オンラインでも健康被害などのリスクについて注意喚起しています。

  1. 日本の薬事法に基づく品質・有効性・安全性の確認がされていない
  2. 虚偽または誇大な効能・効果をうたっている場合も
  3. 不衛生な場所や方法で製造されたおそれ
  4. 正規のメーカー品を偽ったニセモノである可能性も
  5. 副作用や不具合などが起きたときに対処方法が不明

実際に被害にあった人もいるようなので十分に注意して下さい。(参考:健康被害などリスクにご注意! 海外からの医薬品の個人輸入

プロペシアの疑問

プロペシアの服用でよく聞く疑問を紹介します。

プロペシアの使用を続けると耐性がつくのか

プロペシアをずっと使い続けると体に薬が慣れて効果が薄れるのではと考える人がいます。

これに対してAGA治療を行っているクリニック平山の佐藤院長は病院の掲示板で耐性はないと回答しています。

私のクリニックの患者様で10年以上の服用者が数十人おりますが、ほとんど平衡状態(改善し維持している)です。

心配せずに使い続けて良いようです。

いつまで服用するのか・使用をやめたらどうなるか

男性型脱毛症(AGA)は病気ではなく体質と考えられています。つまり薄毛になる体質です。

それをプロペシアで薄毛の進行を抑えているのです。今の髪の量を維持したいのならずっと服用を続ける必要があります。

薬の服用をやめると元の体質に戻り、再び薄毛の進行が始まります。だいたい半年から1年をかけて元の状態に戻ります。

プロペシア?フィナステリド?プロスカー?それぞれの関係は?

薬で薄毛が治療できると知り、いろいろ調べるといろいろ薬の名前が出てきてどれが良いのか混乱してきます。

そこでよく聞く薬の名前について整理しました。

  • フィナステリド:アメリカのメルク社が開発したAGA治療薬の一般名称
  • プロペシア:フィナステリドの商品名。1mg錠
  • プロスカー:メルク社が販売している前立腺肥大症の薬の商品名。中身はフィナステリド5mg錠
  • フィンペシア:インドの製薬会社が製造しているプロペシアのコピー薬(ジェネリック医薬品みたいなもの)
  • フィンカー:プロスカーのジェネリック医薬品
  • デュタステリド:イギリスの製薬会社グラクソ・スミスクライン社が製造しているAGA治療薬の一般名称。フィナステリドと似た効果を持つ
  • アボルブ:グラクソ・スミスクライン社が販売している前立腺肥大症の薬の商品名。デュタステリドが配合されている
  • ザガーロ:デュタステリドが配合されているAGA治療薬。日本でも発売予定

プロペシアのまとめ

  • 臨床試験では1日1錠の服用を1年続けると58%の人の髪が増えた
  • 3年続けると78%の人の髪が増えた
  • 男性型脱毛症の診療ガイドラインでもプロペシアによる治療を推奨
  • 副作用は性欲減退や肝機能障害
  • 深刻な副作用は少ない

おすすめのAGA専門クリニックのサイトを見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒  AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓