ミノキシジルタブレットにはいくつかブランドがあります。

よく知られているブランドや注意点を紹介します。

おすすめ1:ノキシジル(Noxidil)

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)のジェネリック薬で、日本では未認証の医薬品です。

ノキシジルの主成分であるミノキシジルは血管を拡げる作用があり、局所の血流の増加を促して髪の毛の生成や成長に携わる細胞を活性化させ、ヘアサイクルにはたらきかけることで発毛効果を発揮します。

しかし、頭皮だけでなく全身の毛乳頭にはたらきかけるので、全身の体毛が濃くなるという副作用があります。

多毛は主成分のミノキシジルの効果の現れですので、気にしすぎる必要はありません。

ノキシジルには配合されているミノキシジル濃度のち外から5mgタイプと10mgタイプがありますが、濃度が高いということはそれだけ副作用のリスクも高いということです。

ノキシジルをはじめて使用される方は、5mgの方から使用されることをオススメします。

おすすめ2:ロニテン(Loniten)

Pharmacia社が開発・発売するロニテンは、内服タイプのミノキシジル含有薬では代表的な薬です。

ノキシジルと同じように血管を拡張させ、血行を良くすることで外用薬タイプのミノキシジル薬よりも高い発毛効果に期待できます。

髪の生え際や頭頂部など、AGAが原因の薄毛箇所に発毛効果を発揮します。

ロニテンは、同じ効果を持ちながら低価格になった後発薬のノキシジル等が販売されているため、現在はどの個人輸入代行サイトでも取扱終了となっています。

最初はリアップやカークランド(外用薬)

ノキシジルもロニテンも、経口投与するタブレットタイプの医薬品であるため高い発毛効果に期待できる反面、副作用のリスクも高くなります。

ミノタブの主成分であるミノキシジルには、次のような副作用があります。

  •  血圧低下
  •  めまい
  •  動悸
  • 息切れ
  •  多毛症、体毛が濃くなる
  •  吐き気、嘔吐
  •  腹痛
  •  むくみ
  •  性欲減退
  •  かゆみ

命にかかわるような重大な副作用はありませんが、それでも身体に負担を与えるものであることは変わりありません。

とくにミノキシジル薬をはじめて使用される方は、リアップやカークランドなど頭皮に塗布する外用薬タイプのもので、濃度も5%あたりのものから使用するようにしましょう。

個人輸入でミノタブを買うデメリット

ミノタブはオオサカ堂やアイドラッグストアーなど、海外製の医薬品を扱う個人輸入代行サイトで購入することができます。

個人輸入代行サイトは、比較的安価に海外製の発毛剤が医師の処方せんなしに購入できるというメリットがありますが、その反面デメリットもあります。

①偽造薬を入手してしまうリスク

個人輸入の医薬品は正規ルートではないため、成分や販売元が不明確で、偽造品や粗悪品を入手してしまうリスクがあります。万が一何らかの問題が起きた場合、すべては自己責任となるので安全面が保証されません。

②必要な薬、薬量がわからない

個人輸入代行サイトでは医師の処方なしに海外製の発毛剤が購入できますが、自身の体質や症状に適した薬、薬量がわからないというデメリットがあります。

③医師による事前の検査なし

発毛剤を使用する前に専門医に相談すれば、事前にアレルギー検査などを受けることができ、体質や症状に合った医薬品を処方してもらえます。当然ながら個人輸入代行サイトには事前の検査がありません。

AGAクリニックで処方

医薬品である発毛剤には副作用があるというリスクをふまえて、事前に薄毛・AGA治療専門のクリニックや皮膚科を受診されることをおすすめします。

偽造品や粗悪品を入手してしまうリスクがはるかに低く、自身の体質や症状に適した発毛剤を処方してもらえます。

ミノキシジルタブレットの服用を検討されている方は、ぜひ専門医に相談するようにしましょう。

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛(AGA)治療のおすすめクリニック3選
髪を復活させるならこちらの専門クリニックがオススメです。

写真で見るAGA治療の効果
ビフォーアフター写真です。劇的に髪が改善しています。

宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか
写真あり。昔よりフサフサで完全復活。

ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した
ラジオで治療方法や周囲の反応を告白しています。

日本全国のおすすめクリニック一覧
日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

おすすめAGAクリニック3選

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

↑ 11月の割引キャンペーン中!かなり安くなります。

 AGAヘアクリニック

 ヘアメディカル