ミノキシジルタブレットは一般病院では処方していません。

手に入れるにはAGA治療の専門クリニックに行く必要があります。

どんな病院があるのか

AGA治療の専門クリニックで処方してくれる

効き目の高いミノキシジルタブレットでAGA治療をしたい場合は、AGAの専門クリニックに行ってみるとよいでしょう。

AGA専門クリニックでは、発毛効果の高いミノキシジルを配合した内服薬を処方してくれます。

ホームページの治療メニューには、AGAクリニックで処方している薬について詳しい内容が掲載されています。

気になるクリニックがあれば、どんな薬を処方してもらえるのか見てみましょう。

オリジナル治療薬として処方している病院もある

AGA治療薬をクリニックのオリジナルで処方している病院もあります。

AGA(男性型脱毛症)はヘアサイクルの乱れによって毛髪が正常に成長しなくなり、薄毛になっていきます。

毛髪の成長に必要なヘアサイクルを乱しているのが、テストステロン(男性ホルモン)と、5αリダクターゼという酵素が結合してできるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質です。

AGAスキンクリニックで処方されるオリジナル薬「Rebirth」は、5αリダクターゼのはたらきを阻害してDHTの生産を抑制します。

発毛効果成分として世界中で認められているミノキシジルとフィナステリドを主成分とするRebirthは、ほかにアミノ酸などビタミンをバランスよく配合しています。

ミノキシジルのはたらきで血流を増加させるので、必要な栄養分が直接、毛母細胞の毛乳頭に届き、発毛力が高まり、髪の成長を促します。

薬の効果には個人差がありますが、オリジナル処方薬は研究されて開発されているので、クリニックにおいて最も有効とされる場合が多いです。

参考リンク AGAスキンクリニック「治療について」

遠隔診療(スマホ診療)で手に入れることもできる

IT技術の発達で今ではスマホ(スマートフォン)を持つ人が多くなりましたが、スマホを利用した「スマホ診療」つまり、遠隔診療ができるクリニックもあります。

AGAヘアクリニックでは、通常の来院診療のほかにスマホを使った遠隔診療を行っています。

スマホ診療は専用のアプリをダウンロードし、アプリを開いて問診票を入力します。

あらかじめ予約をしておき、予約の診察時間になれば病院からテレビ電話がかかり、カウンセリングや診察が行われます。

薬は患者の相談により医師が処方してくれます。

ミノキシジルタブレットを希望するのであれば、医師に相談するとよいでしょう。

薬は配送してもらえるので、決済はクレジットカードまたは銀行振込で支払います。

スマホ診療は、自宅にいながらすべてが完了するのでとても便利です。

ただし初診の際は原則、来院による診察となっています。

参考リンク AGAヘアクリニック 「治療の流れ」

病院で処方するメリット

ミノキシジルタブレットでの治療には副作用のリスクがあるので、個人で購入する場合は細心の注意が必要となります。

薬の知識や飲み合わせ、体調の変化など、病院にかからず自分で行う場合はすべてが自己責任です。

病院で処方する場合は事前検査があり、医師が診察をして判断するので自分の状態に合った適切な薬の量がわかります。

治療を開始してからは、定期的に頭皮の状態や毛髪をチェックしてもらえるので、客観的に改善状況がわかります。

個人輸入はリスクが高いのでおすすめしない

ミノキシジルタブレットは医師の処方がないと購入できない薬なので、自分で購入する場合は個人輸入という方法になります。

個人輸入の場合は、自分の判断で薬の量を選び、事前検査もなく頭皮の状態や毛髪チェックは自分で行わなければなりません。

また、AGA治療薬の個人輸入には偽物が出回っていることも多いので危険性が高く、おすすめできません。

ミノキシジルタブレットで治療をしたい場合は、AGA専用クリニックに相談してみることをおすすめします。

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛(AGA)治療のおすすめクリニック3選
髪を復活させるならこちらの専門クリニックがオススメです。

写真で見るAGA治療の効果
ビフォーアフター写真です。劇的に髪が改善しています。

宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか
写真あり。昔よりフサフサで完全復活。

ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した
ラジオで治療方法や周囲の反応を告白しています。

日本全国のおすすめクリニック一覧
日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

おすすめAGAクリニック3選

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

↑ 5月の割引キャンペーン中!かなり安くなります。

 AGAヘアクリニック

 ヘアメディカル