ロゲインとカークランドのどちらを使えばいいのか迷う人がよくいます。

2つの製品の違いを説明します。

カークランドはロゲインのジェネリック医薬品

結論から言うと、カークランドはロゲインのジェネリック医薬品なので、効果に違いはありません。

ジェネリックとは、新薬と同じ有効成分、同じ量を使って作られ、新薬と同じ効き目、安全性が確保され、なおかつ価格が安く抑えられている医薬品です。

発毛効果が認められているミノキシジルを含有した発毛剤には、カークランドやロゲインの他にも、さまざまなジェネリック医薬品が販売されています。

カークランドは米国の量販店で有名なコストコのプライベートブランド「カークランドシグネチャー」製で、フォームタイプとローションタイプの2種類があります。

ミノキシジルには発毛や髪の成長を促す効果や、血行を促進する効果があり、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」でもAGA治療において強く薦められる成分として、医師にもその発毛効果が認められています。

ただし、カークランドは日本国内で市販はされておらず、使用したい場合は薄毛・AGA治療専門クリニックで処方してもらうか、個人輸入で購入する必要があります。

比較表

ロゲインとカークランドの価格、濃度、製造元を表にまとめてみました。

薬品名ロゲインカークランド
参考価格4,180円2,980円
ミノキシジル
濃度
5%5%
製造元ファイザーカークランド
シグネチャー

ご覧のように、ロゲインのジェネリック薬であるカークランドは価格が安くなっているほかは、ミノキシジル濃度、得られる効果は同じです。

どこで買えるのか

先ほど触れたように、カークランドは日本国内で市販されていない発毛薬なので、個人輸入で購入する必要があります。

インターネット上では個人輸入代行業者の販売サイトがありますので、そちらで購入できます。

主な発毛剤の個人輸入代行業者は以下のとおりです。

オオサカ堂

アイドラッグストア

お薬ナビ

どちらを選ぶべきか

カークランドもロゲインも、主成分はミノキシジルで、含有濃度も5%と変わりがありません。

唯一の違いは価格なので、安い方を購入したいのであればカークランドがおすすめです。

AGAクリニックで治療を受ける選択もある

個人輸入代行業者の販売サイトからロゲインやカークランドを購入して使用すれば、金銭的コストもかからず、簡単に治療がおこなえます。

ただし、個人輸入代行サイトでの発毛剤の購入には細心の注意を払う必要があります。

本来であれば、医薬品である発毛剤は医師や薬剤師の処方を受けて使用するべきです。

個人輸入代行サイトで購入して使用するということは、医師や薬剤師に相談することなしで使用するということになるので、副作用が出た場合も自己責任となります。

ロゲインやカークランドに含まれるミノキシジルの副作用には、次のようなものがあります。

  • 血圧低下
  • めまい
  • 動悸、息切れ
  • 多毛症、体毛が濃くなる
  • 吐き気、嘔吐、腹痛
  • むくみ
  • 性欲減退

さらに、日本法人の個人輸入代行サイトであっても、偽薬や粗悪品をつかんでしまうなどのリスクも考えられます。

発毛剤によって思わぬトラブルに遭わないためにも、薄毛の治療はAGAクリニックを受信されることをおすすめします。

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛(AGA)治療のおすすめクリニック3選
髪を復活させるならこちらの専門クリニックがオススメです。

写真で見るAGA治療の効果
ビフォーアフター写真です。劇的に髪が改善しています。

宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか
写真あり。昔よりフサフサで完全復活。

ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した
ラジオで治療方法や周囲の反応を告白しています。

日本全国のおすすめクリニック一覧
日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

おすすめAGAクリニック3選

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

↑ 7月の割引キャンペーン中!かなり安くなります。

 AGAヘアクリニック

 ヘアメディカル