人間は中身が大事、とは言いますが、実際は見た目で印象を左右されることが多いものです。

薄毛の悩みは、まさしくこの見た目によって判断されることから発生しています。

薄毛であるがために実年齢より老けて見られる、または恋人ができにくいと感じている人は多いでしょう。

もし薄毛が就活にも悪影響を及ぼしているなら、事態は深刻です。

薄毛の人は、就活前に見た目について考える必要があります。

人は見た目を気にするのか

アンケートではほとんどの人が気にすると回答

ネットニュースサイトの記事によると、確かに多くの人が他人を見た目で判断しているようです。

初対面において見た目で人を判断することがあると答えた方は計94.8%。

また反対に、自分が見た目で判断でされたと感じた方も計89.6%。よく「人を見た目で判断するな」とは言いますが、現実はなかなかそうはいかないようです。

出典:あなたにとって「人の見た目」は何パーセント!? 世間の本音を大調査!!

普段から薄毛にコンプレックスを感じている人にとっては、気になるデータです。

薄毛は体質の問題なのでしょうがないものですが、就活の際に判断材料にされては死活問題です。

薄毛の人に比べたら、髪がフサフサの人は若々しく、エネルギーにあふれて見えます。

逆に薄毛の人は、その見た目のせいで自信をなくし、面接の際に堂々とした受け答えができなくなる恐れもあります。

不公平な話ではありますが、大事な就活時には、「人は見た目で判断するもの」という前提で対策する必要があるでしょう。

できるだけ対策をとろう

就活を考えたら、できるだけ早く薄毛対策を始める必要があります。

薄毛・AGAの治療には、プロペシアやミノキシジルなどの薬を使用することが有効ですが、効果が現れるまで時間がかかるためです。

ミノキシジルはやや刺激が強いので、使用時に肌が赤くなったり、かゆみを伴うケースもあるので、就活時期に使用し始めるのは避けた方が賢明です。

薬での薄毛治療を始めるなら、最低でも就活を始める半年前と心得ましょう。

さらに詳しい情報は薄毛治療の専門クリニックの無料カウンセリングで聞いてみると良いでしょう。

薄毛対策には植毛という方法もありますが、術後のダウンタイムを考えて、やはり早めに計画する必要があります。

おすすめのAGA専門クリニックのサイトを見る

カツラや髪型で対応する方法も

どうしても就活まで時間がないという人は、カツラを検討するのも一案です。

ただし、かぶり慣れていないと落ち着かないので、面接当日にミスをしたり、フィッティングが悪くてカツラがずれるなどのアクシデントもあり得ます。

必ず何度か装着した状態で外出し、面接までに慣れておくことが重要です。

履歴書の写真も、カツラをかぶった状態のものを使ってください。

薄毛がそれほど進行していなければ、ヘアカットを工夫して目立たなくさせることもできます。

俳優や歌手の中には、薄毛でも短髪にしてクールな容姿を保っている人がいるので、彼らのヘアスタイルを真似するのがオススメです。

薄毛の人がマイナスイメージを持たれるのは、中途半端に薄毛を隠そうとしているのが嫌だから、という声が多くあります。

思い切って短髪にした方が、爽やかなイメージになります。

就活でも、薄毛に負けず前向きな姿勢を持っている人間と、逆に高評価を得られる可能性もあるので、悲観的にならず、堂々と面接を受けることが大切です。

参考リンク 薄毛治療のおすすめ病院

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

写真だとどのくらい髪が改善するかが分かりやすいです。

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

ナイナイの岡村さんはAGA治療薬で髪を復活させたとラジオで告白しました。

⇒ ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した

お笑いの宮迫さんも昔よりフサフサになっています。

⇒ 宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

薄毛治療のAGA病院ランキング

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

 ヘアメディカル

 ヘアジニアス