世間にはいろいろなハゲ対策が出回っています。

それらの中でどの対策が効果があるのかを紹介します。

どんな対策があるのか

1.病院の治療

1つ目の病院の治療です。

専門クリニックによる治療では、薄毛の原因にフォーカスを当てて治療を進めていきます。

具体的には、男性型脱毛症(AGA)には2つの原因があります。

1つ目はジヒドロテストステロンの毛周期への影響です。

男性の場合、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が第二次性徴以降に盛んに分泌されます。

男性の前頭部や口ひげ等に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素とテストステロンが重なることで、さらに強力なジヒドロテストステロンに変わってしまいます。

ジヒドロテストステロンは、毛髪の成長期の時期を短くし、長くて太い髪の毛を作るのを阻害します。

その結果、短くて細い髪の毛のみが生えたり、抜け落ちたりするなど、薄毛が目立ちます。

そのジヒドロテストステロンが生まれるのを抑制するプロペシア剤を飲むことで、毛髪のサイクルがこれ以上乱れることがないようにする治療法が1つ目です。

これによって、成長期を短縮する作用を防いで毛髪の現状維持をし、これ以上抜け毛や髪の量が少なくないように予防的に使われることが多いです。

もう1つはジヒドロテストステロンによって毛周期が乱れてしまった毛を正常に戻す積極的な治療法です。

これはミノキシジル剤や外用剤、育毛メソセラピーやノンニードル治療法などによって、発毛や育毛を促す方法です。

2.生活の改善

2つ目は生活の改善です。

不規則な睡眠や運動不足の解消、ストレスの軽減などが挙げられます。

不規則な時間に眠ることで体内リズムが乱れ、疲労が蓄積したり、体内リズムが乱れたりします。

体内リズムが乱れると、自律神経系の働きにも影響が出て、頭髪にも悪影響を及ぼしかねません。

規則正しく、一定時間以上眠ることが頭皮にも良いです。

特に22時から2時にかけては、ゴールデンタイムと呼ばれる成長ホルモンが分泌される時間帯です。

この時間に熟睡をすると、細胞の働きも活性化し、髪の毛の細胞新生にかかわる成長ホルモンも出るため、この時間に眠りたいものです。

運動不足は血流の流れがあまりよくなく、血管のつまりから抜け毛が多く出る可能性があります。

適切に運動することで、血流量を良くし、血管のつまりからくる抜け毛を軽減できます。

ストレス解消もとても大事なことです。

ストレスが溜まることでタバコの量が増えたり、アルコールの量が増えたり、生活習慣が乱れかねません。

それに対して、カラオケで大声を出して騒いだり、ジョギングをしてすかっとしたり、ストレスを適切に吐き出すことで、頭髪に悪影響を及ぼす習慣も軽減できます。

3.栄養改善

3つ目は栄養改善です。

高カロリーで高脂肪のかつ丼や天丼、唐揚げなどはカロリーも高く、皮脂分泌が過剰になるため、頭皮の毛穴を防ぎ、健康な髪の毛が生えにくくなる危険性があります。

甘いスイーツやケーキなども糖分が多く、体を冷やす作用があります。

体を冷やすと血流が悪くなり、薄毛にも影響を及ぼしかねません。

またカップラーメンやインスタント食品などのジャンクフードは添加物も多く、血行不良を引き起こしかねないため、薄毛のもとになります。

頭皮の状態を考えるのであれば、ジャンクフードや甘いもの、高カロリーのモノは控えた方が良いです。

またアルコールもジヒドロテストステロンの分泌を増やし、毛周期が乱れる基になるので、お酒をほどほどにしたり、禁酒をしたりするのもおすすめです。

加えて、大豆や豆腐はイソフラボンが含まれていて、抜け毛が減りやすくなります。

ミネラルを含んだ、レバーやウナギは育毛に欠かせない亜鉛や葉酸を含んでいるため、積極的に摂りたい食べ物です。

レバーにはビタミンBも豊富で髪の毛を創り出す働きもあります。

唐辛子にはカプサイシンが含まれていて、髪の毛の毛周期にある成長期を活性化してくれるため、積極的に摂りたい食材です。

わかめやひじきといった海藻類もミネラルが多く、髪の毛に優しい食材です。

4.頭皮の血流促進

4つ目は頭皮の血流促進です。

薄毛の原因の一つに血行不良も挙げられます。

血行不良だと毛乳頭に栄養が行く渡りにくくなります。

そうなると成長を止めてしまい、抜け毛のもとになります。

血行が悪いと抜け毛が多くなり、薄毛のもとになるのです。

それに対して、頭皮マッサージや市販の育毛剤によって、血行が促進されます。

頭皮マッサージは誰でも一度覚えてしまえばできるので、一度試してみてもよいでしょう。

しかし、頭皮を指でぐりぐりと強く押す行為やブラシでたたく行為は効果がありません。

むしろ頭皮が痛むのでよしましょう。

5.頭皮環境の改善

5つ目は頭皮環境の改善です。

汗っかきで頭皮がべたべたしていたり、乾燥していてフケがたくさん出ていたりすると、健康な髪の毛が生えてきづらい状況です。

薄毛や抜け毛の一因でもあります。

寝不足による血行不良や食生活の乱れによる血管のつまり、ストレスによる血流の流れの悪さや界面活性剤の多いシャンプーの使用、間違ったシャンプーや頭髪ケアによる雑菌の増殖などによって、頭皮の状況がわるくなり、フケや頭皮のべたつきを引き起こします。

育毛シャンプーやスカルプケアシャンプーを用いることで、頭皮内にある汚れを適切に除去し、髪の毛が健康に生える土台を整えます。

どの対策がよいのか

ここでは5つの方法を紹介しましたが、はたしてどの対策は良いのでしょうか。

本命は病院の治療

もっともよい方法は病院の治療です。

その理由は病院の治療には医学的な根拠があるからです。

栄養バランスの改善や頭皮環境の改善なども理由はもっともらしいものではありますが、医学的な根拠に乏しいです。

それらの対策が必ずしも効果的とは、根拠がないのです。

しかし、病院の治療の場合には毛サイクルのメカニズムからAGAへの働きかけなど、具体的な医学的な根拠があり、説明ができます。

発毛した症状も豊富に掲載されているため、安心感もあります。

本当にてっぺんはげや薄毛を改善したいのなら、病院での治療が良いのです。

専門クリニックの場合には無料カウンセリングがあります。

サイトから予約を入れて、詳しい治療方法や費用について聞いてみましょう。