少しずつ頭のてっぺんがハゲてきている……

なぜ頭のてっぺんが薄くなってくるのでしょうか?

このページでは頭のてっぺんの髪が薄毛になる原因を説明します。

なぜハゲるのか

ひとくちにてっぺんハゲと言っても、その症状にはいろいろなものがあります。

頭頂部の髪の毛が薄くなってくる症状には、以下のものがあります。

代表的な症状
  • AGA(男性型脱毛症)
  • 円形脱毛症
  • 頭皮疾患
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症
  • 脂漏(しろう)性脱毛症

このうち20代から30代の男性の多くに当てはまるのが、「AGA(男性型脱毛症)」が引き起こすてっぺんハゲです。

一番可能性が高いのはAGA(男性型脱毛症)

20代から30代の男性に当てはまる可能性が高い「AGA(男性型脱毛症)」は、その名の通り男性の頭髪が加齢とともに抜けていってしまう症状のことです。

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略であり、成人男性によくみられる髪の毛が薄くなる現象のことを幅広く指して言います。

AGAは個人差こそあるものの、何もせずに放っておくだけでは進行していってしまうのが大きな特徴です。

日本全国には、AGAの症状が出ている方が約1,260万人も存在しています。

これは、20歳から69歳成人男性4,200万人のうち、およそ3人に1人が当てはまる数値です。

このうち、AGAの自覚があり気にかけている人は800万人、何らかのケアを行っている人はさらに少なく、650万人程度となっています。

気にはなっているがケアは特にしていない、ケアはしているが適切なケアではない人は、非常に多いのもAGAの大きな特徴です。

AGAでハゲる仕組み

では、AGAでなぜ髪の毛が薄くなってしまうのでしょうか。

てっぺんハゲを含め、AGAでハゲてしまう原因はDHT(ジヒドロテストステロン)にあります。

男性ホルモン(テストステロン)は、男性が男性らしい身体でいるための必要なホルモンです。

しかし、このホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素によってDHTに変換されて髪に作用すると脱毛しやすくなります。

このDHTを作り出さないようにし、さらに頭髪を正常に育成できるようにしていくのが、AGA治療の大きな役割なのです。

参考リンク てっぺんハゲの対策

なぜてっぺんだけ薄くなるのか

AGAによって頭髪が薄くなるメカニズムは分かりました。

ではなぜ、頭頂部、てっぺん付近が薄くなり、てっぺんハゲになってしまうのでしょうか。

てっぺんの毛根がDHTの影響を受けやすいから

頭のてっぺん付近が薄くなりやすいのは、この部分の毛根がDHTに対する感受性が強いのが原因です。

DHTの影響を受けやすい毛根は脱毛しやすい傾向にあります。

このタイプの毛根が多い部分が薄くなりやすいです。

つまり、てっぺん部分が薄いなら、DHTの影響を受けやすい毛根がその部分に多い(O字ハゲ)ということです。

このタイプの毛根がある場所は人によって違います。

例えば、生え際が後退している人(M字ハゲ)は、生え際付近に影響を受けやすい毛根が多いということです。

ちなみに後頭部や側頭部が薄くなっている人がいないのは、この部分の毛根はDHTの影響を受けないからです。

ハゲの進行を抑えたいなら病院へ

てっぺんハゲ、早めに病院で受診することで改善させることが可能です。

専門クリニックでは、治療方法や薄毛の原因を説明する無料でカウンセリングを実施しています。

無料カウンセリングで情報を手に入れれば病院の治療で薄毛の悩みが解消できるかが判断できます。

ぜひ無料カウンセリングに行ってみてください。

無料カウンセリングがあるおすすめクリニックを見る

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

写真だとどのくらい髪が改善するかが分かりやすいです。

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

ナイナイの岡村さんはAGA治療薬で髪を復活させたとラジオで告白しました。

⇒ ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した

お笑いの宮迫さんも昔よりフサフサになっています。

⇒ 宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

薄毛治療のAGA病院ランキング

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

 ヘアメディカル

 ヘアジニアス