どんなアピールをしているのか

ヘッドスパや頭皮マッサージなど育毛対策として知られているものはいくつもありますが、その1つに育毛シャンプーがあります。

シャンプーのパッケージには「薬用」と書いてあり、すごく効果がありそうな気がします。

育毛シャンプーのアピールポイント

どんな効果をアピールしているのかいくつかのシャンプーの広告を調べました。

  • 髪をしなやかにする天然成分配合
  • 余分な皮脂を落とす植物由来の成分を配合
  • 皮脂に栄養素を補給する成分を配合
  • ノンシリコン
  • 弱酸性
  • 鉱物油・香料・着色料は無添加
  • 頭皮環境を整え、強化する
  • 保湿して乾燥や雑菌から頭皮を守る
  • 頭皮を柔らかくする
  • 髪の水分量を増やして髪を太くする
  • 独自配合の成分が頭皮の汚れ、皮脂をしっかり吸着する

特に強くアピールしているのが「頭皮環境の改善」です。

頭皮の汚れや過剰な皮脂が薄毛の原因になっているイメージがあるので頭皮を清潔にすれば薄毛が治る気がします。

医師は育毛シャンプーの効果を否定

しかし、薄毛治療の医師は薄毛対策ついて書いた本の中で下のように育毛シャンプーの発毛効果を否定しています。

現在は、いわゆる「育毛シャンプー」が市場を席巻しています。「薬用」という記載もあり、なんだか効きそうな気がします。しかし実は、市販されているシャンプーに、発毛や育毛の効果はありません。

より正確に表現するなら、発毛・育毛シャンプーで医学的に効能が認められた成分が入っているものは現状でほぼ見かけず、現実的にはシャンプー自体で発毛効果を得ることはできない、ということです。

他の医師も否定的

では実際に薄毛の治療にあたっている現場の医師は市販の育毛シャンプーについてどう評価しているのでしょうか?

もし本当に宣伝文句でうたわれているような「発毛促進効果」があるのならば、医師たちも薄毛に悩む患者さんたちに育毛シャンプーを推奨するはずです。

しかしAGA対策として販売されているグロースファクター(成長因子)配合の育毛用シャンプーについての医師のコメントは以下の通りでした。

この製品は初めて目にしました。

記載されている成分がAGAに有効だという証拠がないことと、シャンプーは頭皮に作用している時間がごく短いので効果がもともとあまり期待できないという理由で申し訳ありませんが肯定的な評価が下せません。

ちなみに育毛効果があると証明されたシャンプーは世界中に1つもありません。

医療法人横美会ヨコ美クリニック

このようにすぐに水で洗い流してしまうシャンプーでは、育毛を促進する効果を頭皮に与えることができないのはもっともなことです。

つまり薬用などと表記されている育毛シャンプーでも科学的には何の効果も証明されていないないのです。

高いお金を出して購入しても「気休め」にしかなりません。

男性のハゲはシャンプーでは治らない

医師が育毛シャンプーの効果を否定しているのは薄毛の原因が他にあり、育毛シャンプーはその原因に影響を及ぼさないからです。

悪玉脱毛ホルモンが原因

男性薄毛の1番の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉脱毛ホルモンの作用です。

テストステロンという男性ホルモンが毛根内で5αリダクターゼという酵素と結びつくとDHTに変換されます。

このDHTには髪の成長を邪魔する特徴があります。成長を邪魔された髪は十分に成長できず、細く短いまま抜け落ちていきます。DHTに影響を受ける髪が多くなるほど薄毛が進行していきます。

年を取るとDHTが増えたり、毛根がDHTの影響を受けやすくなるので薄毛になりやすくなります。

DHTが原因の薄毛をAGA(男性型脱毛症)といいます。

AGAには次の特徴があります。

  • 頭頂部(つむじ)や前髪が薄くなる
  • 側頭部や後頭部は薄くならない
  • 少しずつ進行していく

こういうタイプの薄毛は男性に多く見られます。男性の薄毛の約90%がAGAによるものだと言われています。

もしあなたがハゲかけているのならAGAになっている可能性が高いです。

AGAと育毛シャンプーは関係ない

さて、AGAは育毛シャンプーで治るのでしょうか?答えは「治らない」です。

育毛シャンプーの広告を見てください。シャンプーはDHTを抑える成分が入っていません。AGAが治るともアピールしていません。

ただ、興味があるなら試してみるのもアリです。半年くらい使って髪に変化が出るか観察してみると良いでしょう。断言しますがAGAなら髪は生えません。

下のサイトは製薬会社が運営しているAGAの情報ページです。

AGAはやわかりQ&A|AGA-news

このページではAGAの対策としてシャンプーは勧めていません。シャンプーについては次のように答えているだけです。

Q14 正しいシャンプーの仕方ってありますか?

A 頭皮を強く刺激しすぎないように気をつけてください。

育毛シャンプー以外の対策を探したほうが賢明です。

※補足 シャンプーが効く脱毛症もある

薄毛の原因はAGA以外にもいくつかあります。例えば、次のような脱毛症です。

  • 粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)
  • 脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)

粃糠性脱毛症は、フケによる炎症で髪が抜ける脱毛症です。

もう一つの脂漏性脱毛症は、過剰な皮脂分泌で雑菌が繁殖し、この雑菌による炎症で髪が抜ける脱毛症です。

これらを治すには頭皮を清潔できれいにする頭皮環境の改善が重要となるので育毛シャンプーは大きな効果を発揮します。

ですから一概に育毛シャンプーが薄毛に効果がないとは言えません。

原因に合わせた対策を取ることが重要になってきます。

参考リンク 若はげの相談は病院で

AGAを治すのなら病院での治療が有効

AGAによる薄毛は育毛シャンプーでは治りませんが病院の治療は有効です。病院ではプロペシアやミノキシジルを配合したオリジナル治療薬を処方してくれます。プロペシアの効果ミノキシジルの効果

治療薬を飲み始めると髪は徐々に回復していきます。

多くの人は薬を飲み始めてから3ヶ月くらいで発毛を実感し、半年から1年くらいでかなり髪が回復してきます。

もし髪を治したいのなら薄毛治療の病院(AGAクリニック)に行くことをおすすめします。

AGAクリニックには事前に治療について説明してくれる無料カウンセリングのシステムを導入しているとこがあります。

まず無料カウンセリングに行って治療でどういう効果があるのか聞いてみると良いでしょう。

そのとき育毛シャンプーの効果について聞いてみてください。

おすすめのAGA専門クリニックのサイトを見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒  AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓