家族や親戚にハゲの人がいると「自分も将来ハゲるのでは・・・」と不安になってしまいます。

ハゲが遺伝した時の対策を紹介します。

どんな対策を取ればいい?

ハゲ予防に有効なのはプロペシアという医薬品です。

1日1錠飲めばハゲ予防に大きな効果をあげます。(参考:プロペシアの効果

プロペシアは薄毛治療を行っている病院で手に入ります。

⇒ プロペシアを処方してくれる病院のサイト

1ヶ月分の薬の費用は病院によって違いますが3,000~5,000円です。

ただ、ハゲていないのに薬を飲み始める必要はありません。

予防ではなく始まってからすぐの対策でOK

血縁者にハゲがいても自分が絶対に将来ハゲるとは限りません。

それは親が持っている全部の身体的特徴が遺伝するわけではないからです。

例えば顔つきや体格が似ていてもハゲの特徴は引き継いでいない可能性もあります。

定期的にハゲが始まっていないか髪のチェックをしましょう。

そして、ハゲに気づいたら病院に行って薬をもらってください。

そのほうがお金の節約にもなります。

どうすればハゲが始まったとわかる?

遺伝によるハゲはAGA(男性型脱毛症)という症状です。

AGAには次の分かりやすい特徴があります。

AGAの特徴
  • 生え際の後退
  • つむじの薄毛

このどちらかに気づいたら対策を始めましょう。

AGAによるハゲは早めの対策で改善する可能性が高いです。

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓