大学生の年代でも髪が気になる事があります。

「まだ若いから」と安心したい所ですが、男性の場合、早い人は高校生くらいから髪が薄くなってしまう事もあります。

心配なら対策を始めましょう。

まず原因を調べよう

薄毛の症状にはいくつか種類がある

特に男性に起きやすい薄毛の原因は以下のとおりです。

男性型脱毛症(AGA)

男性ホルモンが原因で起きる。

生え際や頭頂部が薄くなるのがAGAの特徴

男性の薄毛の大部分はこの症状。

参考リンク AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法 

円形脱毛症

多くは500円硬貨大の範囲で脱毛する。頭全体に及ぶ事もある。

ストレスが原因の事が多いが理由がはっきりしない事もある。

内科的な病気に伴う脱毛

全体的や特定の部分が薄くなる。

心臓病や糖尿病、甲状腺の異常で髪が抜ける事がある。

粃糠性脱毛症

異常にフケが出るのか特徴で、炎症を起こした所から髪が抜ける。

原因は不明。常在菌のバランスが大きく崩れる。

自力で治すのは難しい

これらの症状はどれも生活改善程度では治ることはありません。

髪の対策といえば市販の育毛剤や育毛シャンプーを連想しますが、原因と特定せずにこれらの対策を使っても意味はありません。

サプリや食事の見直しは貧血や絶食などによる栄養不足で髪質が悪くなっている場合は効果が見られる事もありますが、上記の疾病が原因の薄毛には効果がありません。

あなたに必要なのは医師の正しい判断にもとづく治療です。

医師に相談するべき

ネット社会が発達した今、疑問や不安があるときは気軽にネットで誰かに相談することができます。

しかし、ネットで解決する問題ばかりではありません。

例として以下に髪の悩みの質問と回答を紹介します。

大学生だけど薄毛に悩んでいます。21歳なんですけど2浪しているのでまだ1… – Yahoo!知恵袋

もうすぐ大学生 薄毛に悩んでいます。助けて・・・ – もうすぐ大学生になります… – Yahoo!知恵袋

ご覧になればわかりますように、ネットでの質問サイトは対応してくれる人が優しければ不安を和らげる言葉をかけてもらえますが実際の問題は全く解決しません。

ホルモンの異常で起きている脱毛であれば薬を飲むか塗る事が必要ですし、炎症が原因の場合はやはりそれを抑える薬が必要になります。

内臓の病気が原因に至っては、問題は髪の悩みだけでは終わりません。

何をおいても必要なのは医師の判断です。

髪のトラブルは専門のクリニックの無料カウンセリングで、髪の悩みの相談をしてみましょう。

無料カウンセリングでは、薄毛の仕組み、病院の治療方法や料金、治療を受けた人がどのくらい回復したかなどの説明をしてくれます。

無料カウンセリングがあるおすすめクリニックを見る

参考リンク M字ハゲは病院で相談を

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒  AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓