大学病院の美容外科では、シワやシミ、ほくろや傷あとなどの治療のほか、AGA(薄毛)の治療を行っているところがあります。

大学病院のAGA治療を受ければ、髪は生えてくるのでしょうか。

大学病院のAGA治療について調べてみました。

大学病院なら髪は生えるのか

大学病院で行われる治療

大学病院では、ミノキシジル(外用薬)とフィナステリド(内服薬)による治療を行っています。

ミノキシジルは、毛乳頭細胞の血流を改善するはたらきがあり、毛周期の休止期である毛髪を成長期へと導くことで、発毛を促します。

ミノキシジルの効果はFDA(米国食品医薬品局)で認められています。

フィナステリドは、悪玉脱毛ホルモン(DHT)の産生を抑制し、ヘアサイクルを正常化するはたらきがあります。

大学病院と専門クリニックの違い

大学病院での治療といえば、イメージ的に効果の高い治療を行ってくれるような気がしますが、AGA(薄毛)治療に限っていえば、そんなことはありません。

薄毛治療専門のクリニックと、大学病院におけるAGA治療の違いは下表のとおりです。

項目専門クリニック大学病院
目的発毛現状維持
検査ありなし
治療方法プロペシア、ミノキシジル、
オリジナル治療薬、メソセラピー
プロペシア、ミノキシジル
発毛期待度高い低い
費用高い安い
おすすめ度

この比較表からもわかるように、大学病院と専門クリニックでのAGA治療の大きな違いは、治療メニューです。

大学病院は、状態の「現状維持」を目的としているのでプロペシアとミノキシジルだけを用いた治療です。

そのため費用は安く済みますが、発毛の期待はあまりできません。

一方、AGA専門クリニックは、プロペシアとミノキシジルによる治療のほかにオリジナル治療薬を使用したり、「メソセラピー」といわれる発毛効果の高い治療も行っています。

クリニックのほうが治療メニューが多い分、費用も高くなります。

しかし、薄毛の状態に合わせた適切な治療を行うので発毛への期待度は大きくなります。

参考リンク 薄毛治療のおすすめの専門外来 

おすすめは専門クリニック

薄毛の進行を今の段階で止めたいと考えているだけなら、大学病院の薄毛治療で充分です。

しかし、現時点で、ある程度薄毛が進行していて、以前のような髪の状態に復活させたいという希望があるなら、AGA専門クリニックに行く方が良いでしょう。

薄毛の治療効果だけでなく、専門クリニックには同じ悩みを持った人ばかりが来るので、プライバシーの配慮についても行き届いています。

完全予約制で足を運びやすく、専門のスタッフによるカウンセリングもあるので、薄毛についてのさまざまな悩みの相談も遠慮なくできます。

おすすめのAGA専門クリニックのサイトを見る

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

写真だとどのくらい髪が改善するかが分かりやすいです。

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

ナイナイの岡村さんはAGA治療薬で髪を復活させたとラジオで告白しました。

⇒ ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した

お笑いの宮迫さんも昔よりフサフサになっています。

⇒ 宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

薄毛治療のAGA病院ランキング

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

 ヘアメディカル

 ヘアジニアス