薄毛の原因にはいろいろなものがあります。

いくつか原因を紹介するので自分の薄毛に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

薄毛の種類は?

薄毛の種類は大きく6つあります。

それぞれの特徴について紹介します。

AGA(男性型脱毛症)

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンが髪の成長を乱すことで起きる脱毛症です。

AGAには、次の特徴があります。

  • 成人男性に多い
  • 前頭部や頭頂部の髪が薄くなる
  • 少しずつ症状が進行する

円形脱毛症

1~3センチくらいのごく一部分だけが脱毛し、薄毛になる状態が円形脱毛症です。

こちらも複数のタイプに分けられます。

1か所だけぽつんとできるのが「単発型」、2か所以上にできるのが「多発型」です。

比較的発症が早く、20歳未満で発症するケースも多いです。

一度発症してしまうと、大人になっても繰り返しやすい特徴があるため、注意が必要です。

脂漏性脱毛症

脂漏性皮膚炎を伴う脱毛症が脂漏性脱毛症です。

カビの一種であるマラ瀬千秋ンが皮膚に増殖し、引き起こされます。

皮膚炎と呼ばれている通り、炎症を起こした頭皮は、かゆみや痛みを伴います。

放置しておくと細菌によってさらに状況が悪化し、根っこの部分が炎症によって脱毛を引き起こすため、注意が必要です。

粃糠性脱毛症

乾燥したフケによって毛穴をふさぎ、細菌が繁殖してしまい、頭皮が炎症を引き起こし脱毛に至るのが粃糠性脱毛症です。

炎症を引き起こした結果、脱毛に至る点や最近の影響である点は脂漏性脱毛症とも類似しています。

機械性脱毛症

物理的な機械的なエネルギーが加わったことで脱毛を引き起こすのが機能性脱毛症です。

別名は外傷性脱毛症です。

引っ張られたり、圧迫されたりなど、外側からの与えられる力で引き起こします。

脱毛の箇所としては、額の生え際が後退していくことが一般的です。

抜毛症(トリコチロマニア)

自ら生えている髪の毛を抜き取ってしまう病気が抜毛症(トリコチロマニア)です。

精神疾患の一つとしてみなされることもあります。

自ら抜くため、抜きやすい場所に起こることが一般的です。

抜毛行為が長期間に及ぶと、健全な毛も生えにくくなり、新しい毛がない脱毛症になることもあります。

栄養不足による脱毛症

栄養不足の結果、引き起こされる脱毛症です。

発毛には、亜鉛やビタミンなどの栄養素が課せません。

必要な栄養素が不足すると、人体に影響のない爪や髪などへの血液が行渡らなくなり、細い髪の毛しか生えなくなったり、新しい毛が生えにくくなったりします。

それぞれの薄毛の原因は?

薄毛や抜毛には原因があります。

それぞれの種類ごとに原因も異なるため1つずつ見ていきましょう。

AGA(男性型脱毛症)

主な原因は、男性ホルモンの影響によるものです。

男性であれば男性ホルモンが第二次成長期以降にテストステロンの働きが盛んになります。

テストステロンは、酵素と結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されます。

DHTは毛周期に悪影響を与えます。

太く長い髪が育つ「成長期」で活発になり、やがて髪の伸長が低下をする「退行期」を経て、成長を停止した髪が抜け落ちる「休止期」の3つのプロセスを経ます。

通常であれば、通常なら、成長期は約2~6年、退行期は約2週間、休止期は約3~4か月ですが、DHTによって伸びるはずの成長期が数か月から1年に短くなります。

結果として、太く健やかな髪が減り短く細い毛が生えて、薄毛として目立ってくるのです。

これが通常の30代以上に増えてくるAGAの原因なのですが、若年性脱毛症も増えています。

この場合にもDHTが関係してはいますが、それ以外にも生活習慣やストレスの影響も大きいのが特徴です。

取り巻く環境の変化が多い20代や30代は、上司からの圧力や将来を見通しにくい経済的な不安などからストレスを抱え込みやすく、それも脱毛に大きな影響を及ぼしています。

また仕事中心になることも多く、睡眠不足や偏った生活がさらにAGAを悪化せる一つの原因でもあります。

円形脱毛症

円形脱毛症の原因は、精神的なストレスによるものです。

失恋や離婚など大きな精神的なストレスを伴うことが起こり、引き起こされます。

しかし、科学的な裏付けはないため、自己免疫疾患によるものという説もあります。

人間にはウイルスから身を守るために免疫機能が備わっていますが、何らかの原因によって誤作動が起こり、リンパ球が自分の頭皮細胞を外的とみなし、攻撃してしまうこともあります。

それが自己免疫疾患の仕組みです。

脂漏性脱毛症

脂性のフケが詰まることによって引き起こされる脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰分泌が原因です。

頭皮が清潔でないことでフケが頭皮にたまったり、頭皮が脂肌で詰まってしまったりします。

粃糠性脱毛症

頭皮が乾燥し、多くのフケが発生することが原因です。

脂漏性脱毛症同様に、清潔に頭皮を保つことができず、髪の根っこがフケでふさがれ、新しい毛が生えることができません。

頭皮を清潔に保つことが大事です。

機械性脱毛症

工事現場等の仕事をしていて、日中ヘルメットをかぶり続けていたり、料理人をしていて長時間髪を結わいていたりするなど、物理的な力がかかり続けていることが原因です。

強く引っ張ったり、長時間圧迫したりすると、外傷を与えることになります。

抜毛症(トリコチロマニア)

精神的な不安や情緒不安定さなど精神的なストレスが原因です。

一般的に心のデリケートな子供や女性に多い特徴があります。

心理的なストレスを抱え込み、上手く吐き出すことができずに自らの毛を抜く抜毛としてストレスが放出しているという説もあります。

栄養不足による脱毛症

その名の通り、健全な髪の毛が生えるために必要な栄養分が不足していることが原因です。

無理なダイエットや偏食によって栄養不足を引き起こすことが主な要因です。

アルコールやコーヒーは薄毛の原因ではない

薄毛の原因として、アルコールやコーヒー、唐揚げやラーメンなどの脂っぽい食べ物、たばこが原因ではないかと世間ではいわれていますが、本当にそうなのでしょうか。

薄毛の原因として言われるこれらの食べ物は、確かに摂りすぎは体に毒です。

しかし、直接的に薄毛を進行させる原因ではないのです。

その証拠に、実際にこれらを控えても目でわかるほど薄毛が改善することはありません。

男性薄毛は90%がAGA

脱毛症にはいろいろな種類がありますが、男性の薄毛はAGAがほとんどです。

出典:HSクリニック

AGA(エージーエー)の人は全国で1260万人(20~69歳成人男性4200万人の約3人に1人)、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。

AGA(エージーエー)は進行性です。

何もせずにほうっておくと下記のようなグラフのように髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。

そのためAGA(エージーエー)は早めのケアが大切です。

引用元:AGAとは

AGAは病院で治療できる

AGAは発毛専門の病院で治療できます。

こういった専門クリニックでは、治療方法や薄毛の仕組みを説明してくれる無料カウンセリングを行っているので申し込んでみると良いでしょう。

無料カウンセリングがあるおすすめクリニックを見る

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

写真だとどのくらい髪が改善するかが分かりやすいです。

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

ナイナイの岡村さんはAGA治療薬で髪を復活させたとラジオで告白しました。

⇒ ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した

お笑いの宮迫さんも昔よりフサフサになっています。

⇒ 宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

薄毛治療のAGA病院ランキング

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

 ヘアメディカル

 ヘアジニアス