つむじハゲになる男性は珍しくありません。

放置すると少しずつ髪が減っていきどんどんハゲが広がっていきます。

このページではつむじハゲの原因を説明します。

つむじハゲの原因は?

AGA(男性型脱毛症)を発症している可能性が高い

つむじハゲは、AGA(男性型脱毛症)の可能税が高いです。

AGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉脱毛ホルモンの影響で引き起こされます。

DHTには髪の成長を止めて脱毛を促進する作用があります。

つむじ付近の髪の毛がDHTの影響を受けて薄くなるのがつむじハゲなのです。

つむじハゲはAGAの典型的な症状

つむじハゲはAGAの典型的な症状の一つでもあります。

AGAには頭皮の状態から進行状態を7段階に分けるハミルトン・ノーウッド分類があります。

Ⅰ型は生え際の後退のみの状態です。

見た目もほとんど気にならず、脱毛も0字に脱毛してきた状態もしくは脱毛が始めっていない状態です。

Ⅱ型、Ⅲ型はM字やO字で症状は進行した状態です。

M字は前頭部からAGAが進行し、O字は頭頂部からAGAが進行した状態です。

Ⅰ型はまだ症状が軽くプロペシア剤の服用や加えてミノキシジル剤で現状維持が済むのに対して、Ⅱ型Ⅲ型に関してはプロペシア剤の服用に加えてオーダーメイド処方の治療やメソセラピーなど発毛を促す治療法になります。

Ⅳ型からⅦ型にかけては、毛のない面積が広がっている状態です。

ほとんどけがなくなり、AGAが大変進行しています。

AGA治療薬だけでの毛髪再生は難しく、自毛植毛法やAGA治療薬の組み合わせが必要となります。

このなかでつむじハゲはⅡvertex型に分類されます。

前頭部も後退し、頭頂部もO字ハゲができています。

参考リンク つむじハゲを治す方法 

薄毛の範囲は少しずつ広がっていく

薄毛の状態は放っておくと、進行を続けていきます。

今は前頭部にも毛髪があり、つむじ部分が薄いだけで済んだとしても、進行するにつれてハゲていき、地肌が直接見えるようになります。

進行度Ⅳ以上に関しては毛母細胞自体も死んでしまっていることが多々あり、やがてサザエさんの波平さんのような髪型になる危険性があるのです。

心配なら病院で診察を受けてみよう

頭皮や毛髪で心配を抱えているのなら、放っておくのはリスクがあります。

心配ならば病院の治療を始めましょう。

おすすめのAGA専門クリニックのサイトを見る

おすすめの病院です。

↓薄毛を解決する記事

薄毛(AGA)治療のおすすめクリニック3選
髪を復活させるならこちらの専門クリニックがオススメです。

写真で見るAGA治療の効果
ビフォーアフター写真です。劇的に髪が改善しています。

宮迫博之さんはどうやってハゲを治したのか
写真あり。昔よりフサフサで完全復活。

ナイナイ岡村隆史さんはAGA治療でハゲを治した
ラジオで治療方法や周囲の反応を告白しています。

日本全国のおすすめクリニック一覧
日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

おすすめAGAクリニック3選

 AGAスキンクリニック(おすすめ!)

↑ 10月の割引キャンペーン中!かなり安くなります。

 AGAヘアクリニック

 ヘアメディカル