若はげにおすすめの治療法

若はげは、男性のコンプレックスの1つです。

中にはつらい・・・、死にたい・・・とまで思い悩む人もいます。

昔であれば一度ハゲ始めたら手の打ちようがありませんでした。

しかし、医療技術の発達した現代では若はげを克服する効果的な方法があります。

薄毛が進行する原因と合わせてその対策を説明します。

髪で悩んでいる若い人は意外と多い?

「最近なんだか髪が薄くなってきた?でも、まさかこの年齢でハゲなんて・・・。」

若い人にとって、ハゲはおじさんだけの悩みと思われがちですが、10代後半から、20代前半の若い男性にも起こりうるいわゆる『若はげ』を発症している人は意外と多くいます。

まさか自分が若ハゲだなんて信じられずに、密かにその悩みをインターネットのQ&Aサイトで相談を持ちかける人が後を絶ちません。

デリケートな話題だけに、家族や友達など、直接人に相談出来ずに一人で悩んでいる人が多いのがその実状です。

そういった相談例を実際にいくつか挙げてみましょう。

相談1 【若はげで困っている者です。

はげ始めたのは高校卒業してからで卒業してから会ってない友達と久しぶりに会うことになったのではげであることを隠すために髪につかうふりかけやスプレーの購入を考えています。

Q&Aサイト

相談2 【今現在若はげに悩まされている23歳男です。

今現在若はげに悩まされている23歳男です。

今派遣社員で働いているのですが、舞台美術のお仕事に就きたいと考えています。

が、この業界は深夜問わず仕事をして1日の労働時間が24時間超える事もある仕事です。

働きたい気持ちはあるのですが、若はげが進行して将来えらいことになることを考えると踏み込めない自分が居ます

Q&Aサイト

相談3 【抜け毛に悩んでいます。若はげといえるレベルです。

抜け毛に悩んでいます。

若はげといえるレベルです。

亜鉛やビタミンEが抜け毛に効果あるためアーモンドを食べるべきと知って、昨日6粒ほど食べたところ洗髪時に極端に抜け毛が増えました。

脂質のせいでしょうか?

Q&Aサイト

高校卒業以来ぶりに会う友人にハゲを見られたくない、職場環境を考えると将来のハゲが心配で夢に踏み切れない、どんなに食べる物を注意しても髪が抜けてしまう、と悩みの形はそれぞれです。

しかしながら、若くしてハゲ始めることに対しての不安感はみな同じでどれも深刻です。

ただ、こういった若はげで悩んでいる若者の中には、実はハゲていないのに自分はハゲているのでは?と勘違いしている人もいます。

謝った判断を自分で下す前に、まずは本当に若ハゲが始まっているのか、それぞれの特徴をとらえながら自分でチェックしてみましょう!

若ハゲにはこういった病院がおすすめです

若はげのチェックポイント

若ハゲには、大きく分けて次の2種類のタイプがあります。

  1. つむじ(頭頂部付近)から薄くなるタイプ
  2. 額の生え際が後退していくタイプ

それぞれのタイプの見分け方について、わかりやすい写真を見ながら違いを見比べてみましょう。

まずは1番の『つむじハゲ』の見分け方から。

こちらが本物の『つむじハゲ』です。

hair001

つむじハゲの特徴としては、つむじ部分だけではなく、そこを中心としたある程度の広い範囲で髪が細く軟毛化してきます。

実際にその部分の髪の毛を触ってみて、後頭部や側頭部の髪よりも柔らかくフワフワの感触を感じられたら、つむじハゲを疑ってよいでしょう。

ハゲの進行の仕方としては、つむじを基点として広がって行き、さらにハゲが進むと中心部の残された髪は産毛並の細さにまでなります。

そして最終的にはカッパやザビエルのような、てっぺんだけ髪の毛のない状態になってしまうのがつむじハゲです。

対して、こちらが健全なつむじの例。

ハゲとは全くの別物で、誰にでもあります。

hair002

通常のつむじは髪の『分け目』です。

自分のつむじと見比べてみて、周辺の髪の太さが一部だけ地肌が見えているため、自分はハゲているのではないか?と気にしすぎている人も多くいます。

しかし、自分のつむじと見比べてみて、周辺の髪の太さが他の部分と一致していれば、それは単なるつむじですので必要以上に心配する必要はありません。 

一方、こちらは額の生え際のハゲの例。

hair003

チェックポイントは、こちらも同様『髪の細さ』。

生え際を基点に、細くて頼りない髪の毛が広がっていたら要注意です。 

さらに上の写真のように、髪をかきあげた時に前髪の隙間から頭皮が見え隠れしていれば、それは危険信号です。

一度この状態になると、髪は少しずつ抜け落ちていき、その進行に伴って生え際がどんどん後退していきます。

中にはおでこの広さを気にする人が居ますが、それは元々の顔立ちと同様で、ハゲやすさとはあまり関係ありません。

若い頃からおでこの広い人で、いくつになってもハゲない人はいます。

なぜハゲるのかー原因は悪玉脱毛ホルモン

では一体、なぜ多くの成人男性はハゲてしまうのでしょうか?その原因は、悪玉脱毛ホルモンにあります。

若ハゲの兆候をいち早く見極める一つのポイントとして、髪が細く頼りなくなってしまう『軟毛化』に注目してみましょう。

髪の軟毛化は、『ヘアサイクルの乱れ』によって起こります。

ヘアサイクルとは髪の毛が生え変わる周期の事で、健康なヘアサイクルの場合、約2?6年の月日をかけて髪の毛が成長します。

長い時間をかけて髪は成長するため、正常なヘアサイクルで育った髪の毛は、太くしっかりとしたコシのある状態になります。

image004_1

それに対して、若ハゲになっている髪の毛はこのヘアサイクルがたったの数ヶ月~1年ほどしかありません。

正常な成長期間に比べてとても短いため、髪の毛は太くなりきれずに細く頼りないままの状態で成長を止めてしまいます。

image004_2

一度若ハゲになると、太い髪の毛が無くなってしまうので、まさに上記で挙げた写真のような状態で髪がスカスカになり、地肌が見えるまでになってしまいます。

ヘアサイクルが乱れ始めた一本一本の髪の毛が多くなるほど、若ハゲの範囲はどんどん広がっていきます。

悪玉脱毛ホルモンが原因

このヘアサイクルを乱している根本的な原因は、実は『DHT(ジヒドロテストステロン)』という悪玉脱毛ホルモンの仕業なのです。

このDHTには、髪の成長を抑え、脱毛を促進させてしまう効果があり、地肌の奥深くの毛根内で『男性ホルモン(テストステロン)』と、『5αリダクターゼ』という還元酵素が反応することによって作られます。

DHTが原因で進行する薄毛の症状を、医学用語では『AGA(男性型脱毛症)』と呼びます。

image001

男性の薄毛のほどんどの原因はAGAによるもので、特に10代から20代の若い年齢で発症するAGAの事を、若ハゲといいます。

この若ハゲになるかどうかを決めるカギは、DHTの量やその影響を受けやすい毛根を持っているかどうかによります。

生え際からハゲる人は生え際を中心にDHTの影響を受けやすい毛根が集中し、反対に頭頂部がハゲる人には頭頂部にその影響を受けやすい毛根が集まっているということになります。

以上の原因をふまえると、若ハゲを治すには、DHTが毛根に作用するのを抑えるのがポイントとなってきます。

育毛剤やサプリは効果なし

?若ハゲを改善するための対策として

  • 市販の育毛剤やシャンプーの使用
  • 育毛サプリの使用
  • 食生活の改善
  • ストレスの解消
  • 睡眠不足の解消
  • 運動不足の解消
  • 頭皮マッサージ

を頑張って実践している人は少なくありません。

しかしDHTが原因の若ハゲは、上のような方法で解消することはありません。

特に市販の育毛剤やシャンプー、育毛剤、育毛サプリなどの上手い文句につられて、効果のない商品に高いお金を出すのは非常にもったいないことです。

実は効果的な対策がある!

DHTを抑え、若ハゲを改善するのには、『フィナステリド』という成分が有効です。

フィナステリドには抜け毛の原因の張本人であるDHTの元であるテストステロンと5αリダクターゼが反応するのを防ぐ効果があります。

プロペシア(フィナステリド)の効果は?

脱毛の根本的原因であるDHTが減れば、若ハゲの進行を止める事ができます。

フィナステリドは薄毛治療を行っているAGA治療の専門外来で手に入れることができます。

自己診断で自分が若はげかどうか、見分けがつかないという人は、専門の医師に診てもらえばまず間違いないでしょう。

実際に、20代から若はげ治療を受けている人も多く居ます。

下記のリンク先の病院では、実際に若ハゲ治療を受けた人の髪の回復具合を、ビフォーアフターの写真付きで紹介しています。

20代のAGA治療の症例写真

上のウェブサイトを見ても分かる通り、個人差はありますが治療を受け始めてから約半年でかなり髪を元の状態まで復活させることができます。

こういった治療を行っている病院では、無料カウンセリングも行っているので自分が若ハゲかどうか分からず悩んでいるなら、まずは一度相談に行ってみる事をおすすめします。

早めの対策が将来の髪の状態を左右するので、髪の状態が気になる人は今すぐ最寄りの病院を調べてみましょう。

どんな病院がいいのか?

薄毛で悩む男性が病院での治療を考えた時にどんな病院へ行けば良いのでしょうか?

頭皮に問題があるのだからと皮膚科に足を運ぶ方もいますが、確実な効果を狙うのであればAGA専門のクリニックへ行くことをおすすめします。

その理由は皮膚科では「現状維持」を目的に、男性型脱毛症遅延の作用があるプロペシアのみの単剤処方による治療しか行わないからです。

その一方でAGAの専門クリニックとなれば、頭髪の現状維持のみではなく「発毛」も目的としたオーダーメイド処方による治療を行なってくれます。

AGAの原因や症状は患者により異なるために、各患者に合うオーダメイド処方は薄毛改善にはとても重要です。

その他にもAGA専門のクリニックであれば、生活習慣の見直しなどトータルな視線からの治療が受けられるので、薄毛が改善する確率も一般の皮膚科よりかなり高くなっています。

専門病院はプライバシーにも配慮している?

薄毛の改善のために医療機関を受診したいと考えてはいるけれど、恥ずかしさが邪魔してなかなか実行できない男性もいます。

AGAスキンクリニック大阪難波院のカウンセリングルーム
AGAスキンクリニック大阪難波院のカウンセリングルーム

しかし心配はいりません。

AGA治療専門のクリニックでは患者さんのプライバシーを守るために完全予約制のシステムを採用しており、医師との面談や診察は全て個室で行われます。

逆にこのようなプライバシーの配慮に欠けているクリニックであれば、それは良いクリニックとは言えません。

クリニックの良し悪しを判断するひとつの目安としても「プライバシーの配慮」ができているかを念頭に置いての病院探しをおすすめします。

治療の流れ

AGAクリニックで治療の最初のステップは無料相談からスタートします。

ここでは担当の医師やスタッフが頭髪に関する悩みや、治療方法、費用、期間などについての質問に応じ、カウンセリングを行ってくれます。

もしこの無料相談でAGAの治療を受けると決断すれば次は本格的な治療へと進みます。

初診では医師が問診票をもとに抜け毛や薄毛の状態、さらに全体の健康状態についてのチェックを行います。

それと同時に、治療薬に対する影響を調べるための血液検査や、経過観察のための頭髪の撮影を行います。

その後は血液検査の結果をもとに各患者に適した薬が処方されます。

通院は1ヶ月から2ヶ月の間に1回程度で、医師は患者の頭皮の診察と身体全体の健康状態について確認して再び治療薬を処方してくれます。

費用

AGAの治療は健康保険が効かないので高いです。

1ヶ月の治療費は3万円前後です。

ただ、この3万円は平均値です。

薄毛の症状によっては安くなることも高くなることもあります。

自分の症状だとどのくらいの費用がかかるかは実際に診察を受けないとはっきりしません。

早めの対策ならもっと安くなる可能性がある

薄毛が気になりだしたらできるだけ早くAGA専門クリニックを受診することをおすすめします。

症状の軽いAGAであればAGAの進行を遅らせる作用のあるプロペシアのみの単剤処方だけで薄毛が解消できる可能性もあります。

単剤処方であれば薬代にかかる費用が1万円以下なので、ミノキシジルを併用しての治療に比較すると費用も抑えられます。

なかには海外から2、3千円でプロペシアを個人輸入して安く治療をしようとする人もいますが、薬が合わない体質の人もいるのでやはり医療機関での診察は欠かせません。

若はげで悩んでいるだけで何も対策をせずにいると薄毛はどんどん進行してしまいます。

まずは専門のクリニックで無料相談だけでも受けることをおすすめします。

もしより効果の高いオーダーメイド処方で、内服薬のプロペシアの他に外用薬のミノキシジルや各種のビタミンなどを取り入れた治療になれば費用は3万円前後になります。

まずは無料カウンセリングで治療について相談してみましょう。

無料カウンセリングがあるおすすめクリニックを見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓

このカテゴリーの記事一覧

若はげ治療におすすめの病院

若はげの治療費

若はげの相談は病院で

若はげに効果的な対策

若はげにおすすめの治療法

若はげ治療におすすめの病院

若はげ

若はげの治療を考えた時、どういう病院に行けば良いか迷うかもしれません。 髪のトラブルは皮膚科の管轄ですので一般の皮膚科クリニックに行って治療を受ける事はもちろん可能です。 ですが、本格的に症状を改善したい場合は専門クリニ・・・

若はげの治療費

若はげ

若ハゲの治療にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 治療費を公開している病院があるので紹介します。 若ハゲの治療費は? 若ハゲの治療で1番気になるのは、やはり治療に掛かる費用ではないでしょうか。 大きく分けると、治療・・・

若はげの相談は病院で

若はげ

若はげを治したいけどどうすればいいのかわからないので誰かに相談したい。 相談先を探しているのなら病院の無料カウンセリングがおすすめです。 無料カウンセリングとはどんなものなのか紹介します。 病院の無料カウンセリングとは?・・・

若はげに効果的な対策

若はげ

まだ若いのにハゲが始まってる気がする…… ハゲが不安なら対策を始めましょう。 どんな対策があるのかを紹介します。 どんな若ハゲ対策があるのか 市販の育毛剤を使った対策 ハゲ対策といって真っ先に思い浮かぶのが、「育毛剤」で・・・

若はげにおすすめの治療法

若はげ

若はげは、男性のコンプレックスの1つです。中にはつらい・・・、死にたい・・・とまで思い悩む人もいます。 昔であれば一度ハゲ始めたら手の打ちようがありませんでした。しかし、医療技術の発達した現代では若はげを克服する効果的な・・・

ページの先頭へ