薄毛治療とは髪を復活させる一番の方法

薄毛が病院で治療できることを知る人は少しずつ増えています。

治療法にはいくつか種類があるのですが、具体的にどんな治療をするのかは知らない人もいるでしょう。そこで病院で行われている治療法を紹介します。

病院の治療法

病院の治療法には次のものがあります。

  • AGA治療薬(プロペシア、ミノキシジル)
  • 注入治療法
  • オリジナル治療薬
  • 自家植毛

AGA治療薬(プロペシア、ミノキシジル)

もっとも基本的な治療が医薬品のプロペシア(フィナステリド)、ミノキシジルによる治療です。これらの薬は臨床試験で大きな効果が確認されています。

日本皮膚科学会がまとめたAGAの診療指針「男性型脱毛症診療ガイドライン」もプロペシアとミノキシジルに最も評価の高い「A」が与えられています。

参考: AGA診療ガイドラインを参考に薄毛治療に取り組もう

参考:プロペシアとは薄毛の進行を抑える薬【効果と副作用】

参考:ミノキシジルとは発毛を促進する薄毛治療薬【効果と副作用】

薄毛治療はまずこれらの薬から始まります。

薄毛治療を専門に行なっているヘアメディカルでは、これまでの治療実績(150万人)をもとに600パターン以上の治療法を作り出し、個人に合わせた治療を行っています。

注入治療法

最近、行われ始めているのが注入治療法(幹細胞抽出因子注入療法)という再生医療を取り入れた手法です。

これは頭皮に発毛を促す「発毛成長因子」を注射器などで直接注入する方法です。注入治療法はHARG療法、メソセラピーなどいろいろな名前で呼ばれていますが大きく違いはありません。

オリジナル治療薬

プロペシアやミノキシジルは効果的な薬ですが、人によってはあまり効果が表れないことがあります。さらに効果的な治療を行うためにオリジナル治療薬を用意している病院があります。

例えばAGAスキンクリニックではフィナステリドとミノキシジル、その他アミノ酸などを配合した「Rebirth(リバース)」というオリジナル治療薬を用意しています。また、AGAルネッサンスクリニックもリバースと同じような「HRオリジナル内服薬」というオリジナル治療薬を用意しています。

自家植毛

上で紹介したような薬で治療を行っても自分が望むほど髪が生えないケースがあります。これらの治療法はすべてのAGAに効果があるわけではありません。

薬はあまり効かなかったけどなんとか髪を復活させたい人向けの選択肢として植毛があります。植毛は薄毛にならない自分の後頭部や側頭部の毛根を切り取って薄毛の部分に移植する方法です。

サッカーのルーニー選手は自毛植毛を受けていた!

薄毛治療の将来

今後、薄毛治療は再生医療を利用することでさらに進歩しそうです。

資生堂は、再生医療の技術を使って薄くなった髪の毛をよみがえらせる臨床研究を年内に始める。毛髪研究に取り組む専門医らと協力して効果や安全性を確かめる。厚生労働省への手続きなどを経て、日本やアジアで2018年中に事業を始める方針だ。

研究開発を統括する岩井恒彦副社長が明らかにした。医療機関で、患者の後頭部から毛がある頭皮を直径5ミリ前後の円形に切り取り、専門施設で、髪の成長に重要な細胞を取り出して培養して人工的に増やす。その細胞を脱毛部分に移植すれば、毛髪を支える組織が元気になり、髪がよみがえる仕組みだという。

植毛ほど頭皮を大きく切り取る必要がなく患者自身の細胞を活用するため、移植後の拒絶反応が小さく、男女とも使える利点がある、と資生堂はみている。

従来の自家植毛は、すでに生えている髪の毛を利用しますが、こちらは新たに培養するのが進歩した点です。

ただ、こういう治療は費用がかなり高くなりそうです。それこそ100万円以上は必要な印象は受けます。

なにより本当に実用化するのには10年以上かかるのではないでしょうか。2018年中に事業化と書いてありますがこういうのってだいたい見込み通りに進みません。

待っているうちにどんどん薄毛が進行しそうです…

病院の薄毛治療は3万円程度が相場

AGAの専門クリニックで薄毛の治療をするためにかかる費用は1ヶ月で3万円前後と言うのが相場のようです。

最初の相談は無料のところが多く、初診料や診察料が5,000円程度、初回であれば10,000円程度の血液検査料、そして薬の処方が7,000円から20,000円程度となります。

しかし確実にAGAの治療効果を上げるためには患者それぞれの症状に合うオーダーメイドの薬の処方がポイントになります。もし真剣に薄毛を改善したいのであれば、それぞれのケースに最適な薬の処方や治療をしてくれる専門クリニックを選びましょう。

ちなみにオーダーメイド処方でプロペシアとミノキシジルを組み合わせたり、外用薬を取り入れたりすると、かかる費用は3万円程度になります。

薄毛治療は保険が適用されない

薄毛で悩む男性は多いのですが、生命に関わる病気ではないと言う理由でAGA治療は保険適用外となっています。

つまり治療にかかった費用は全額自己負担しなくてはなりません。ちなみにAGA治療のほかに保険適応外となるのが、ED治療、美容整形、インプラント、レーシックなどです。

しかし例外として精神的な理由、もしくは病気による脱毛でAGAの治療を受けた場合には医療費控除が適応となる可能性もあります。もしこのようなケースに当てはまる場合には税務署に相談してみましょう。

AGAクリニックの特徴

AGAクリニックには一般の皮膚科とどんな違いがあるのでしょうか?

ここでは日本全国でAGA専門のクリニックを展開している「AGAスキンクリニック」の例を紹介しながらAGA専門クリニックの特徴を解説します。

AGAスキンクリニックで治療を始めるための最初のステップとして無料のカウンセリングがあります。その後初診では頭部写真の撮影、AGA治療専門の医師の診察、血液検査があり、血液検査の結果に基づいて使用する薬の処方が決定されます。

またAGAクリニックが一般の皮膚科に比べ薄毛治療で高い実績を上げているのは、《それぞれの症例に合う治療》を行っているからです。

有効な治療薬のプロペシアやミノキシジルはもちろんのこと、オリジナルの発毛薬やAGAメソセラピー、生活習慣の改善などあらゆる方面からの治療が薄毛の改善につながります。

【特集】薄毛・AGA治療のおすすめ病院ランキング

AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法【効果や費用】

無料カウンセリングとは?自分に合う治療法や費用を知ることができる

おすすめの薄毛治療

薄毛治療

病院の治療にはいろいろな種類があります。どういった治療を選べばよいのかの目安を紹介します。 どの治療を選べばよいのか 将来の薄毛が不安(軽度の薄毛)なら 今、薄毛で悩んでいたとしても、その状態がやや前髪が後退して始めてい・・・

最新の薄毛治療

薄毛治療

薄毛治療を考えている人に最新の薄毛治療を紹介します。 最新の治療は薬を使う 最新のAGA治療は飲み薬や外用薬を用いて行います。以下、現在治療の主流となっている薬の特徴について説明します。 プロペシア(フィナステリド) プ・・・

薄毛の原因

薄毛治療

薄毛の原因にはいろいろなものがあります。いくつか原因を紹介するので自分の薄毛に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。 薄毛の種類は? 薄毛の種類は大きく6つあります。それぞれの特徴について紹介します。 AGA(男・・・

薄毛治療の費用

薄毛治療

病院で薄毛治療を受けるときに知っておきべき点に治療費があります。薄毛治療の代表的な病院の治療費を調べたので病院選びの参考にしてください。 治療費はどのくらい? AGAスキンクリニックの費用 まずご紹介するのはAGAスキン・・・

薄毛治療のおすすめ病院

薄毛治療

薄毛治療の病院を選ぶポイントとおすすめの病院を紹介します。 病院を選ぶポイントは? 薄毛の治療をしたいと考えたときに病院を選ぶ際の大事なポイントが3つあります。 専門クリニックである 1つ目は、薄毛専門クリニックであるこ・・・

薄毛治療の効果

薄毛治療

「薄毛」と言えば青年期を過ぎた中年男性がなるものと言う認識をお持ちの方は多いのではないでしょうか。 しかし実は20代、高校生のような若年層でも発症する人はいます。人生これからという10〜20代にとっては大変深刻な悩みです・・・

薄毛治療とは髪を復活させる一番の方法

薄毛治療

薄毛が病院で治療できることを知る人は少しずつ増えています。 治療法にはいくつか種類があるのですが、具体的にどんな治療をするのかは知らない人もいるでしょう。そこで病院で行われている治療法を紹介します。 病院の治療法 病院の・・・

ページの先頭へ