AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

AGA治療とは、主に医薬品(プロペシアやミノキシジルなど)で行われる男性型脱毛症(AGA)の治療のことです。

AGA治療はもっとも効果が高い薄毛対策です。ハゲを治したいのならAGA治療を受けましょう。

AGA治療は病院で診察を受けるのが一般的ですが治療方法や治療費は病院によって違います。

また、個人輸入でAGA治療薬を手に入れて治療する方法もあります。

治療する方法
  1. AGA治療の専門病院に行く
  2. 皮膚科などの一般病院に行く
  3. 個人輸入で治療薬を手に入れて使う

それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。

それぞれの特徴を紹介しますのでどういう方法が自分に合っているのかを考える判断材料にして下さい。

参考リンク

AGAをセルフチェック(診断)する方法

写真で見るAGA治療の効果|これくらいは回復する可能性がある

実際にAGA治療を受けた人の体験ブログまとめ

3つのAGA治療の特徴

3つのAGA治療(薄毛治療)の特徴を説明しています。

1.専門病院で診察を受ける

糖尿病やがん、心臓病の専門病院があるようにAGA治療が専門の病院があります。

こういう病院で専門医師の診察を受ける方法があります。

専門病院はAGAクリニックとも呼ばれています。

おすすめのAGAクリニックを見る

2.一般病院で診察を受ける

AGA治療は一部の一般病院の皮膚科や形成外科でも受けることができます。

3.個人輸入(通販)で薬を買って服用する

AGA治療薬は、日本国内では病院で診察を受けないと手に入らない医薬品です。

しかし、個人輸入の代行サービスを使えば海外の治療薬をネット通販感覚で買えます。

こういった海外の薬で治療する方法もあります。

シャンプーやサプリなどは期待できない

世間に知られている薄毛対策にはたくさんの種類があります。

例えば、シャンプーやサプリ、育毛剤、生活習慣の改善などです。

ただ、残念ながらこれらの方法はAGAにはほとんど効果がありません。

参考:どんな薄毛対策がAGAに効果があるのか

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉脱毛ホルモンがヘアサイクルを乱すのが原因です。

しかし、シャンプーなどにはDHTを抑える効果がないからです(薄毛になる仕組みは?

AGAが原因を薄毛を治すのならAGA治療薬を中心とした治療を受けましょう。

育毛サロンも発毛は期待できない

薄毛を気にして高いお金を払いせっせと育毛サロンに通う人も少なくありません。

しかし今現在AGA治療で確実な効果が証明されているのは、プロペシアやミノキシジルなどの薬品を使用しての薄毛治療です。

これらの治療薬品は国家資格を持つ医師のみが処方可能で、医師が関与していない育毛サロンでは取り扱うことはできません。

つまり医師が関わらない育毛サロンで行われる一般的な処置では、育毛効果は期待できないと考えてください。

現役の医師も、自身の著書で育毛サロンについて否定的な意見を述べています。

「サロン」では医療行為はできません。相談にのったり施術を勧めるのは、白衣を着ていても医師ではないのです。

まず、サロンに行ってみようと思ったら、そこに医師がいるかどうか確認してください。実は「◎×医師が管理」「×◎クリニックと併設」とあっても、必ずしも医師が診るわけではありません。

医師が常駐し、きちんと診療行為を行っていることを確かめることが重要になります。そして、発毛サロン、育毛サロンが問題になるのは、効果がないばかりか不当に高い料金をとられることです。

出典:薄毛治療の新常識p75

育毛サロンの中にはスタッフが白衣を着て医療施設の雰囲気を出しお客さんを集めているところもありますが、このような雰囲気にだまされないようにしましょう。

薄毛を解消したいのであれば、医師がAGAに効果的な薬品を処方して治療を行ってくれる医療機関を受診するようにしてください。

こういう病院がおすすめ

それぞれのメリットとデメリット

3つの方法のメリット・デメリットを紹介します。

専門病院のメリット・デメリット

専門病院のメリットとデメリットを紹介します。

メリット

  • 「発毛」が治療目的
  • 治療経験が豊富な医師の診察を受けることができる
  • 患者の症状に合わせて副作用を抑えつつ、効果を最大限にする治療を行ってくれる
  • 正規の医薬品を使った治療が受けられる
  • 自分では気づきにくい髪の改善状況をしっかり把握してくれる
  • 精神的サポートが得られるので安心して治療が受けられる

デメリット

  • 治療費が高い
  • 地方だと通院できる範囲に病院がない

参考リンク AGA治療のおすすめ病院ランキング 

一般病院のメリット・デメリット

一般病院のメリットとデメリットを紹介します。

メリット

  • 医師の診察が受けられる
  • 正規の医薬品を使った治療が受けられる
  • 自宅の近所に病院がある

デメリット

  • 比較的治療費が高い
  • 「発毛」ではなく、薄毛の「進行遅延(現状維持)」が限界のところが多い
  • 治療経験の少ない医師がいる
  • プロペシアを処方するだけの病院がある
  • 検査を行わず身体状況を把握しない病院がある

個人輸入のメリット・デメリット

個人輸入のメリットとデメリットを紹介します。

メリット

  • インターネットで簡単に買える
  • 通院の必要がない
  • 病院の治療より安い

デメリット

  • 自分の症状に合わせて薬の量を適切に調節することができない
  • 強い副作用が起きる恐れがある
  • 偽造品、不良品を買ってしまうおそれがある(個人輸入のリスク|政府広報オンライン
  • 髪の状況をちゃんと把握できない
  • 体の異常が副作用なのかその他の原因なのか判断できず不安を感じてしまう。

有名な代行サービスにオオサカ堂があります(取り扱っている商品の品質はわかりません)

ちなみに受動的手続代行行為という商品のやり取りなら違法ではありません(個人輸入代行業の指導・取締り等について|厚生労働省

3つの方法の比較表

3つの方法を特徴を下の表にまとめました。

一般病院の中には専門病院と同じくらい対応が手厚いところもあります。

しかし、そこまでAGA治療に力を入れていないところが大部分なのでそちらの評価を表にしました。

AGA治療を受ける人は「発毛」が目的です。

発毛の期待度が高い専門病院が1番おすすめです。

項目専門病院一般病院個人輸入
治療目的発毛進行遅延発毛・進行遅延
無料
カウンセリング
maru001
あり
batu001
なし
batu001
なし
診察maru001
あり
maru001
あり
batu001
なし
検査maru001
あり
batu001
なし
batu001
なし
安全性maru001
高い
sankaku001
多少低い
batu001
低い
通院頻度1回/月1回/3~6ヶ月なし
治療方法プロペシア
ミノキシジル
オリジナル薬
注入治療
自毛植毛
プロペシア
ミノキシジル
プロペシア
ミノキシジル
ミノタブ
費用1万~5万円/月1万~2万円/月3千~1万円/月
総合評価maru001batu001batu001

おすすめの専門病院

専門病院の特徴

「AGA治療なんてどこも一緒。薬を出すだけだよ」という人がいますが、そんなことはありません。

確かにどの病院も治療の基本はプロペシアとミノキシジルです。

プロペシアの特徴と効果、副作用

ミノキシジルの特徴と効果、副作用

しかし、それぞれの病院はできるだけ発毛させるためにそれ以外にもいろいろな治療方法を導入しています。

特徴的な治療方法をいくつか紹介します。

プロペシア

プロペシアは、AGA治療のための内服薬として有名な薬で、アメリカのメルク社が開発しました。

プロペシアはアメリカでは1997年に医薬品認可を受け、日本でも2007年に認可されました。

M字ハゲや頭頂部ハゲなどに発毛効果が認められています。

プロペシアの主成分はフィナステリドと呼ばれる成分です。

ところでAGAの原因は、毛母細胞に発生する2型5αリダクターゼという酵素が通常の男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換し、それが脱毛を促進することです。

プロペシアに含まれているフィナステリドという成分は、この2型5αリダクターゼの働きを抑制します。

この効果によって脱毛がおさえられ、正常に髪の毛が生えてくるのです。

ミノキシジル

AGA治療薬として使われている成分としては、ミノキシジルも代表的なものです。

ミノキシジルは、もとは血管をひろげる薬として開発されたものですが、発毛効果があることが認められました。

その有効性から、いまではAGA治療薬としてよくもちいられるようになりました。

医薬品のリアップにも用いられている有名な成分です。

ミノキシジルは医薬品として正式に認可を受けている成分ですし、高い発毛効果が知られています。

ミノキシジルを主成分とする薬には、頭皮に塗るタイプと飲むタイプがあります。

プロペシアとは違う薬理作用によって発毛をうながしますので、プロペシアと併用することもできます。

ただし血圧に影響をあたえる薬ですので、血圧の薬を飲んでいる方は注意が必要です。

ザガーロ

ザガーロは、比較的新しくAGA治療薬として認可された薬で、2015年に認可されました。

ザガーロの主成分は、デュタステリドという成分です。

プロペシアと同じような薬理作用によってAGAを治療します。

プロペシアとよく似た薬ではありますが、違いがあります。

プロペシアの主成分はフィナステリドであり、フィナステリドは2型5αリダクターゼをメインで抑制するものです。

ザガーロの主成分であるデュタステリドは、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼという2種類の酵素を抑制する効果があります。

そのため、プロペシアよりも効果が高いという意見も多く、値段もプロペシアより高くなります。

ザガーロもミノキシジルと併用することができます。

オリジナル発毛薬

専門病院のヘアジニアスでは、ミノキシジル・アミノ酸・ビタミン・ミネラル・各種成長因子などを病院独自の配合技術を用いて処方しています。

この薬はプロペシアやミノキシジル外用薬より発毛力の高いです。

患者の症状に合わせて治療方法を調整する

ヘアメディカルでは、「アドバンスト発毛治療」という積極的な発毛を目的とした治療方法を導入しています。

この治療方法はこれまでの150万人の治療実績から編み出されたもので、患者の症状に合わせた600パターン以上のオリジナル処方薬から効果的な発毛を促します。

個人輸入だと薬を飲むか飲まないかの2択しか選択肢がありません。

これだと薬が効き過ぎたり、逆に効果が実感できないということが起こり得ます。

薬の効き目には個人差があります。ちょうど良い具合に薬が効くとは限りません。

一人ひとりに合わせるアドバンスト発毛治療ならちょうど良い具合に薬の効果を発揮させることができます。

注入治療

AGAスキンクリニックでは注射器で頭皮に直接、発毛カクテルを注入する「Dr’sメソ(AGAメソセラピー)」という注入治療を取り入れています。

注入治療は髪の成長に不足している発毛成長因子を補って成長シグナルを正常に戻すことを目的としています。

注入には痛みを感じさせない極細の注射器を使います。

毛根に直接的に発毛成分を届けるので高い発毛力を見込めます。

その他に自毛植毛という手段もありますが、費用がかなり高い(100万円以上)ので最終手段として考えておきましょう。

毛髪再生医療はまだ手の届かない未来の技術

薄毛で悩む人は世界中に非常に多く存在しています。そのために毛髪再生医療の分野は《ドル箱》とも言われています。

実際に日本でも資生堂や京セラがこの分野の研究に力を入れていますが、実用化するためにはまだ長い時間が必要になることが明らかになっています。

ちなみにアデランスはアメリカのバイオベンチャー企業を買収して毛髪再発医療の臨床検査をスタートさせていましたが、実用化の難しさのためにこの分野から撤退してしまいました。

また問題は実用化までに要する時間のみではなく、 費用面に関しても大きな壁が立ちはだかっています。

仮に開発中の毛髪再生の治療が受けられるようになったとしても、量産効果がでるまでは費用が1400万円ととてつもない金額となってしまいます。

毛髪再生治療は保険も効かないため100パーセント自己負担になることを考えると、どう考えても非現実的です。

このように毛髪再生医療の実用化を待っていても、薄毛は進行してしまうだけなので現在効果のある治療を受けることが賢明です。

治療の成功例もたくさんある

これらの治療はたくさんの人の髪を改善しています。その様子は病院のサイトで症例写真として紹介されています。

⇒ AGA治療症例集|ヘアメディカル

⇒ 発毛症例写真|AGAスキンクリニック

⇒ 発毛成功・症例|ヘアジニアス

髪の変化が治療前後や時系列で見ることができるので治療の威力を実感できます。

かなり絶望的な状態から完全に回復した症例もあり効果の高さがうかがえます。

サプリやシャンプーなどの他の薄毛対策でこのように髪が回復した事例をたくさん紹介しているところはありません。

成功例の紹介は病院の効果を高さを裏付けています。

もちろん、治療の効果には個人差があるのですべての人がこのように回復できるわけではありません。

しかし、受ける価値があるでは?と感じさせます。

有名人にもAGA治療を受けた人がいます。お笑い芸人の岡村さんや宮迫さん、元サッカー選手のゴン中山さんなどです。

彼らは一時期はかなりハゲていましたが治療で見事に髪が復活しています。

⇒ 【必見】ナイナイ岡村隆史さんの髪を治した薄毛治療とは?

⇒ 薄毛だった雨上がりの宮迫博之さんがハゲを治した方法は?

⇒ ゴン中山さんが薄毛を治した方法

⇒ AGA治療の病院のサイトを見る

髪に起きる変化の時系列

AGA治療を始めてからの髪の変化を時系列に整理しました。

髪の変化
  1. 治療開始~1ヶ月目:変化なし
  2. 1ヶ月~3ヶ月目:抜け毛が減る。薄毛の部分に産毛が生える
  3. 3ヶ月~6ヶ月目:産毛が太くなり発毛を実感する
  4. 6ヶ月~1年目:髪が濃くなり、ボリュームが出てくる

1年くらいかけて少しずつ髪は回復していきます。

1ヶ月~3ヶ月目の間に抜け毛が増える現象が起きる人がいますが、これは「初期脱毛」といわれるものです。

新しい髪が生えるために古い髪が抜け落ちているので心配は不要です。

積極的に発毛させる治療期間としてはだいたい1年を見込んでおきましょう。

その後は髪の量を維持する治療に移行します。

治療の副作用

薬の効果は良いものだけとは限りません。良い作用とともに望まない作用(副作用)も働きます。

AGA治療薬(プロペシア、ミノキシジル)の副作用には、多毛症、性機能障害、発疹、肝機能障害、顔のむくみ、動悸といったものがあります。

病院の説明では使用者の数%にこれらの副作用が表れるようです。

ただ、病院では血液検査や診察で副作用の状況をしっかりチェックしています。

薬を調整して副作用を抑えつつ最大限効果を高めるといった取り組みをしています。

副作用に対応できる体勢を整えているのでこれまでに深刻な引き起こしたことはありません。

それに対して一般病院では検査を行っていないところが多く医師の治療経験も少ないため、副作用への対応力は専門病院より数段低いです。

さらに危険なのが個人で使用するケースです。薬と体の相性を確かめずいきなり使用するので副作用で苦しむ人が少なからずいます。

ミノキシジルタブレットという治療薬は発毛力が高いので試す人が多いですが、副作用が起きやすい薬でもあります。

どんな副作用に悩まされているのか

ネットの質問サイトには副作用に悩まされている人の相談がたくさん寄せられています。どんな副作用が起きているのか一部を紹介します。

こんな副作用で困っている
  • 顔のむくみ、体毛がかなり濃くなっていることが悩み
  • 顔のムクミが結構続いてる
  • 頭皮にはあまり効果が感じられず、体毛は濃くなり、顔はむくみ、手足が熱くなり、手の指の関節に腫れぼったい違和感がある
  • 強い動悸、顔のほてり、胸の息苦しさが表れている
  • 目の周りや顔が太った?と言われるほど浮腫んでいる
  • 動悸と不整脈が出て苦しい

相談は専門家である医師にするべきです。質問サイトで医療関係の相談をして良い回答が出てくることはめったにありません。

こういった副作用はどんな人にも起きる可能性があります。

個人使用は自分の体で人体実験をしているようなものですからオススメできません。

自分の体をもっと大事にして下さい。安全性が1番高いのは専門病院です。

無料カウンセリング

専門病院には無料カウンセリングという便利な仕組みがあります。

無料カウンセリングとは病院のスタッフが治療方法や治療費、薄毛の疑問などを説明する相談会のことです。

無料カウンセリングは初診の前に行われます。

無料カウンセリングのメリットは治療についての知識が得られ納得した上で治療を受けられるという点にあります。

治療の流れや効果、副作用について理解できるので前向きに治療に取り組めます。

無料カウンセリングで治療に納得できなければそこで帰れます。

この時点で帰るなら費用はかかりません。医療機関なのでしつこく引き止められることもありません。

専門病院の治療費

それぞれの専門病院で治療方法に特色があるように治療費もそれぞれ違います。

これはAGA治療が自由診療(健康保険の適用外)だからです。

自由診療は病院が自由に治療費を決めることができます。そのため同じ薬でも病院ごとに価格が違います。

費用の他に支払い方法も病院によって違います。

ある病院ではその都度払いが原則であったり他の病院では一定期間をまとめ払いすると割引があるなどです。

専門病院のサイトには基本的な治療費が記載されています。いくつか紹介します。

⇒ AGA治療料金一覧|AGAスキンクリニック

⇒ 治療料金について|ヘアジニアス

⇒ 発毛治療の費用|ヘアメディカル

これらは健康保険が適用されないので全額自己負担です。

専門病院で治療を受ける場合は月に数万程度の治療費が必要となります。

サイトの料金表はあくまで参考

サイトの料金表は参考にしかなりません。

専門病院の強みは個人の症状やどこまで髪を生やしたいかの希望に合わせて治療方法を組み合わせることにあるからです。

実際にどのくらいの費用がかかるのかは診察を受けて相談の上で決まります。

決めるときは自分の財布の状況も考えに入れておく必要があります。

当サイトの提案 専門病院で半年以上は続ける

AGA治療を受けるなら1番発毛が期待できる専門病院がおすすめです。

一般病院や個人輸入とくらべて副作用のリスクも低いです。

ただ、ネックは治療費です。1ヶ月数万円の治療費というのはサラリーマンにとってはかなりの負担です。

しかも治療で回復した髪の毛を維持するのならずっと治療を続ける必要があります。

治療の効果で髪を維持しているのですから治療をやめれば再び薄毛の進行が始まります。

AGA治療でハゲを治したお笑い芸人のナイナイ岡村隆史さんもラジオ番組で「治療をサボったら再びハゲ始めた」と言っています。ラジオの要約を紹介します。

  • テレビ番組のライザップ企画が忙しいので2ヶ月くらい薄毛治療をサボっていた
  • そしたらメイクさんに髪が薄くなっていると指摘され、「病院に行ったら?」と言われた
  • そこで病院で頭部写真を撮って以前の髪と比較したらハゲていた頃に戻りかけていた
  • 慌てて治療を再開した

出典:ナイナイ岡村隆史のANN(2015/10/08)

半年続けて効果を見極める

AGA治療を続けるのなら最低半年(6ヶ月)は継続しましょう。

上で紹介した時系列にあるように半年続けると髪の状況はかなり変わってきます。

半年間治療を続けて回復した髪の量に満足できれば、そのあとは薬の量を減らして髪を維持する治療に移行するのです。

患者の症状に合わせてオーダーメイドの治療を行っている専門病院ならこういう対応が可能です。

例えば、ヘアジニアスでは最大で半分程度まで減らすことができると説明しています。

Q

ずっと同じ処方量で治療し続けなければいけないのですか?

A

処方量は抑えることも可能です。ご自身が満足ゆく程度まで毛髪が復活したら、最大で約半分程度まで減らすことが可能です。

処方量を減らす時期や基準は人によりさまざまです。治療し始めの症状が軽度な方は6ヶ月目ぐらいから減らせますが、症状の進行が深刻な場合は1~2年間かけて徐々に回復させていきます。この間に処方量を減らすと回復も止まってしまいます。

したがって減らす目安は回復が止まった時、またはご自身が満足いく程度にまで回復した時と考えてください。

減らす量にも個人差があります。3分の2~半分量のあいだで、現状を維持できるご自身の処方量を見極めます。

減らしすぎると徐々に髪も少なくなりますので、その場合は一度当初の処方量に戻して回復してから処方量の減量調整をします。

ヘアジニアスに限らず、だいたいの専門病院はこういう対応を取ってくれます。

もし、プロペシアの内服だけで発毛した髪を維持できるなら毎月のコストは数千円程度になるのでかなり金銭的な負担が減ります。

その他に個人輸入でジェネリック医薬品を手に入れてやり方もあります。

病院で治療を受けてやっかいな副作用が出なければ個人で使用しても問題が起きる可能性は低いです。

個人輸入でジェネリック医薬品を使う方法ならコストは月2~3千円まで低下します。

ただ、リスクはあるので使用はあくまで自分で判断して下さい。

無料カウンセリングで自分にあう病院を見つけよう

実際にAGA治療を考えているのならこういった病院の無料カウンセリングに参加してみると良いでしょう。

カウンセリングを受けることで治療について理解が深まります。

可能なら複数の病院の無料カウンセリングを受けてみましょう。

そうすることでそれぞれの病院の特徴が実感でき、自分の行ってみたい病院が見つかります。

参考: 無料カウンセリングとは?薄毛治療方法や費用の相談【AGA病院】

おすすめの専門病院(AGAクリニック)

おすすめの専門病院を紹介します。いずれも治療実績が豊富できめ細やかな治療を行ってくれます。

病院の公式サイトでは病院の特徴、料金などについて詳しく説明しているので参考になります。

無料カウンセリングの申し込みも公式サイトからできます。

病院でAGA治療を受ける人は年々増えています。あなたも病院で薄毛を治しましょう。

AGAスキンクリニック

公式サイト見る

⇒ さらに詳しい病院紹介を見る

ヘアジニアス

公式サイト見る

⇒ さらに詳しい病院紹介を見る

ヘアメディカル

⇒ 公式サイトを見る

⇒ さらに詳しい病院紹介を見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓

このカテゴリーの記事一覧

薬以外でAGAを改善する方法はあるのか

AGAを自分で治すには

写真で見るAGA治療の効果

AGA治療はどこが良いのか

AGA治療にはどんなリスクがあるのか

AGA治療を受診し辛いときの対策

AGA治療の内容は?

AGA治療の相場は?

AGA治療の年間費用は?

プロペシアの効果を体験したブログを調べた

プロペシアの副作用の体験談を調べた

写真で見るミノキシジルの効果

ミノキシジルは生え際に効かないのか

医師が体験しているAGA治療は?

確実に髪が生える方法は?

緑茶で5αリダクターゼは抑えられるのか

AGA治療のデメリット

AGAをセルフチェック(診断)する方法

AGAの治療方法

リアップの効果と副作用

AGA治療薬の種類と副作用

AGA治療の費用

AGA治療に健康保険は適用されるのか

AGA治療の育毛メソセラピーとは

AGA診療ガイドラインを参考にしよう

AGAの相談は病院の無料カウンセリングが良い

ミノキシジルの効果と副作用

プロペシアの効果と副作用

実際にAGA治療でハゲを治した人の体験記

AGA治療

今年で32歳ですが、20代の頃からつむじが薄いのを気にしていました。 そんな時に知ったのが病院でAGA治療(ハゲ治療)が受けられるということです。 AGA治療のテレビCMを見てから病院に行こうか迷っていたのですが、一年半・・・

ハゲの遺伝を予防するには?対策あります

AGA治療

家族や親戚にハゲの人がいると「自分も将来ハゲるのでは・・・」と不安になってしまいます。 ハゲが遺伝した時の対策を紹介します。 どんな対策を取ればいい? ハゲ予防に有効なのはプロペシアという医薬品です。 1日1錠飲めばハゲ・・・

AGAを自分で治すには

AGA治療

AGAの治療法には、医薬品を使用する内科的治療、自毛植毛といった外科的治療、かつらをつかう整容的対処(見た目を整える)などがあります。 しかしこういったプロの力を借りる以外に、自分の力だけで治療をすることは可能なのでしょ・・・

写真で見るAGA治療の効果

AGA治療

病院のAGA治療に興味を持った人の中には、「治療の効果がどの程度あるのか」、「そもそも本当に治療で改善するのか」という人もいるでしょう。 そういう人は、実際の治療過程の写真を見てください。明らかに効果があることがわかりま・・・

AGA治療はどこが良いのか

AGA治療

細菌は一般病院の皮膚科などでもAGA(男性型脱毛症)の治療を受けられるようになりました。 しかし、中には技術力が低く、症状に合わせた治療ができないクリニックもあります。 このページでは、効果的なAGA治療を行ってくれるク・・・

AGA治療にはどんなリスクがあるのか

AGA治療

AGA治療には、主にプロペシアとミノキシジルが使用されますが、これらは医師の処方が必要な医薬品です。 これらの医薬品には、多少ながら副作用のリスクがあります。 薬の効果に期待するだけでなく、副作用についても正しい知識をも・・・

AGA治療を受診し辛いときの対策

AGA治療

最近、薄毛に悩んでAGA治療を受ける人が増えてきています。 しかし、AGA治療を受けたいけど、「何となく恥ずかしい」、「病院の待合室で他の人に会いたくない」などの理由で、なかなかAGA治療に踏み切れない人もいます。 AG・・・

AGA治療の相場は?

AGA治療

AGA治療を受けようと考えた際に、気になるのはその費用です。 治療費は、どの治療方法を選択するかによって大きく変わってきます。 相場を正しく把握し、適切な価格で治療が受けられるようにしておきましょう。 AGA治療は保険適・・・

AGA治療の年間費用は?

AGA治療

AGA治療を1年間受けた場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか。 治療は、患者ひとりひとりの症状によって違うので、治療にかかる年間の費用も違ってきます。 ここでは、AGA専門クリニックの年間費用を紹介します。 1年間治・・・

プロペシアの効果を体験したブログを調べた

AGA治療

ネット上には、実際にプロペシアを使ってみた人の体験ブログがあります。 それらをいくつか紹介します。 本当にプロペシアで発毛するのか 実際に発毛した人のブログ1 下のブログは、薄毛の夫を持つ奥様がつづるブログです。 夫のA・・・

ページの先頭へ