20代におすすめの薄毛対策

多くの20代が薄毛で悩んでいる

ハゲというと40代、50代の中年男性に多いイメージですが、実は20代にもたくさんいます。

Yahoo!知恵袋などの質問サイトでも薄毛の相談をしている人は20代は多いです。

知恵袋で「20代 薄毛 男」、「20代 ハゲ 男」のキーワードで検索すると下のように薄毛で困っている人がいっぱい出てきます。

どの質問者も自分の薄毛で真剣に悩んでいます。

相談内容
  • 20歳。薄毛の悩み。この若さで薄毛に悩んでいます。
  • はじめまして、薄毛に悩む20代後半男です。
  • 20歳代男性 薄毛の悩みについての質問です。
    20歳くらいから抜け毛が増え出しました。
  • 20代男。
    薄毛改善したい。
    最近抜け毛が多く、頭頂部が薄くなってきてます。
  • 20代の男です 最近m字はげが進行してきています
  • 現在つむじハゲに悩んでいる20代男です。
  • 20代後半の男性です。
    いま若ハゲ、薄毛で悩んでいます。
  • 20代の男です。
    生え際と前髪が気になります。

出典:Yahoo!知恵袋「20代 薄毛 男」、「20代 ハゲ 男

これらの人はいわゆる「ハゲ予備軍」です。

薄毛対策をしないで放っておくと少しずつハゲが進行していき20年後には立派なハゲ親父になります。

ハゲたくないのなら今から対策をする必要があります。

参考リンク AGA治療のおすすめ病院ランキング

20代の約10%が薄毛を自覚している

下記の図を見ると、薄毛の自覚率は年齢とともに増加し、特に40代以降は一気のその数値が跳ね上がっていることがわかります。

ただ、ここで注目して欲しいのが、20代の自覚率です。

「薄毛とは無縁」と考えがちな20代ですが、実は10%以上もの人が薄毛を自覚しているのです。

このことから、20代の薄毛は何も珍しいものではないこと、そして薄毛に対しては20代の若いうちから対策を打っていくことの必要性がわかります。

女性はハゲに厳しい

中には「髪は気になるけどなかなか対策までは・・・」という人もいるでしょう。

そういう人は周りが薄毛についてどういう印象を持っているのか知って欲しいです。

けっこうハゲにネガティブなイメージを持っている人が多いです。

『20代独身女子「禿げを放置する男は許せない」』という記事では女性にインタビューしているのですが、かなりハゲに厳しい意見がでています。

―そもそも、皆さんは薄毛男性が恋愛対象になりますか?

3人:う~ん……(しばし悩む)。

サチ:私は禿げてる人を好きになることはないかな。

だって、世の中に禿げてる人とそうじゃない人の2種類しかいなかったら、どう考えても禿げている人は選ばないから。

知子:ハッキリ言って、女性にとって「禿げ需要」は低いですよ。

供給されても「別にいりません」って感じなんで。

ハゲは最初から恋愛対象外のようです。

(´;ω;`)ウッ…

この知子さんはけっこう意見が辛口です。

その下ではこうも言っています。

知子:家で育毛剤とか使えばいいのにね。

てか、一番イヤなのは“散らかった禿げ”をそのまま放置するヤツ。

もし付き合ってる彼氏が禿げてきたら、きっと「お前、なんとかしろよ!」って言うと思う。

サチ:だよね。

ちゃんと治す努力を見せてほしい。

知子:(禿げを)放置して、髪型自体は普通なのに、ちょっとずつ薄くなってきてるのが一番みっともない。

後頭部だけ変なことになっていたりとかさ。

気付いてよって感じだよね(笑)。

知子さんに限らずハゲに好意的な印象を持たない人はけっこういます。

やはり今からでも対策を始めるべきです。

しかし、薄毛になる原因を知らないと対策は取れません。

なぜハゲるのでしょうか?

20代から始まる薄毛はAGA(男性型脱毛症)の可能性が高い

脱毛症にはいくつか種類があり、ストレスが原因の円形脱毛症、フケが原因の粃糠性脱毛症、頭皮の脂が原因の脂漏性脱毛症などがあります。

20代、30代のハゲの脱毛症で多いのがAGA(男性型脱毛症)です。

AGAの特徴

AGAには次の特徴があります。

自分に当てはまるかチェックしてください。

  • 頭頂部(つむじ)の髪が薄くなってきている
  • 前髪の生え際が後退してきている

前頭部や頭頂部が薄くなってきたらAGAと考えてかまいません。

このページの最初で知恵袋のタイトルを羅列しましたが、その人たちの薄毛の部分はつむじか生え際のどちらかです。

つまりこれらの人もAGAになっているのです。

男性の薄毛の90%がAGAです。

AGAは悪玉脱毛ホルモンDHTが原因

AGAによる薄毛はDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉脱毛ホルモンが原因です。

DHTは髪の毛根でテストステロン(男性ホルモン)と酵素5αリダクターゼが結合して生成されます。

DHTが毛根にある男性ホルモン受容体と結びつくと髪の成長が抑えられてしまいます。

この結果、髪が十分成長せず細く短いまま抜け落ちてしまいます。

DHTの影響を受ける髪の毛が多くなるにつれ薄毛が進行します。

AGAが進行する原因

間違った対策はダメ

知恵袋では薄毛で悩んでいる人にいろいろな回答が寄せられています。

おすすめの対策としてよく見かけるのが次の対策です。

  • 育毛シャンプー
  • 頭皮マッサージ
  • 育毛サプリ
  • 市販の育毛剤
  • ストレス解消
  • 運動、食事などの生活改善

しかし、これらはフケや頭皮、ストレスなど別の原因による薄毛に有効な対策です。

AGAには効果がありません。

AGAによる薄毛を治すにはDHTを抑える必要があります。

シャンプーや運動ではDHTの量は変わりません。

思い切って坊主やスキンヘッドにするものあり

薄毛で悩んでいる人は、思い切って坊主やスキンヘッドにしてみるのもひとつの手です。

そもそも、「薄毛」=「かっこ悪いこと」ではありません。

タレントや俳優、スポーツ選手などの有名人の中には、坊主やスキンヘッドでも魅力的な人がたくさんいます。

薄毛の治療をするのが面倒、薄毛治療にそこまでお金はかけられない、といった人は、坊主やスキンヘッドにするのが一番の解決策といっても過言ではないでしょう。

薄毛を必要以上に気にしたり、薄毛をごまかそうとして逆に薄毛が目立ってしまう髪型にしたりするぐらいなら、坊主やスキンヘッドの方がよっぽど潔いですし、薄毛も目立たなくなります。

自分のキャラクターとの相性やコスパなども考慮しながら、「髪型の変更」という選択肢も一度検討してみてください。

病院の治療ならAGAを治せる

AGA治療に効果的なのが病院の治療です。

病院ではプロペシアなどのAGA治療薬を処方しています。

プロペシアにはDHTを抑制する作用があります。

頭髪治療を行っている病院のサイトではプロペシアについて次のように説明しています。

プロペシアは、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。

これにより成長期が長くなり細くなった髪の毛にコシが出てきたり、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できるお薬です。

病院の治療は髪に大きな影響を与えます。

実際に病院に行った人の治療前後の写真がこちらです。

参考:AGA治療症例集(20代)|ヘアメディカル

かなり髪が回復した症例がたくさんあります。

本気で薄毛を治したいのなら病院に行くことをおすすめします。

【乗り遅れるな】AGA治療を受ける20代は年々増加

「病院にはあまり行きたくない・・・」という人もいるでしょうが、病院に行く人は年々増えています(下図参照)最近はAGA治療のテレビCMも始まっているので患者数はさらに増えています。

raiinn001

出典:20、30代の男性型脱毛症(AGA)治療患者が急増! 治療法の実態とは?

薄毛を治した人が増えると治療していない人はさらに目立ってきます。

AGAクリニックではどんな治療をするのか

AGAクリニックの治療の流れ

各施設によって多少の差はあるものの、AGAクリニックでは、大まかに以下の流れで治療を行っていきます。

1:問診表記入・血圧測定

まず、自分の薄毛の状態や悩みを問診表に記入します。

2:問診

AGAの専門医師による問診が行われます。

ここでは専門機器を使った検査はせずに、口頭や触診で髪の毛や頭皮、そして全身の状態を確認するだけです。

3:カウンセリング

医師とは別の専門のカウンセラーによって、患者一人ひとりの悩みをより具体的に把握するためのカウンセリングが行われます。

このときに、専門の機器を使って頭皮チェックをし、より正確な状態の把握が行われるのが一般的です。

また、カウンセリングと同時に、治療内容や必要費用、薬の効果や副作用についての説明があります。

4:治療

カウンセリングが終わり治療内容に同意すると、治療が開始となります。

治療は、治療効果と経過を追うための頭部の写真撮影を行い、そこから処方する薬への耐性を調べるために血液検査が行われます。

その後、血液検査の結果をもとに、薬が処方されます。

5:通院・経過観察
AGAの治療は「1回行ったら終わり」というものではありません。

約1~2ヶ月ごとに通院を繰り返し、頭部の写真を撮りながら経過を観察し効果判定していく必要があります。

治療の内容

治療の内容は各施設によって差はありますが、一般的には以下のような治療が行われています。

1:内服薬

フィナステリド、ディタステリドといった、 AGAの原因となる5α還元酵素の働きを抑制する内服薬による治療です。

クリニックによっては、有効成分をブレンドしたオリジナルの治療薬を処方している場合もあります。

2:外用薬

内服薬で紹介した有効成分を、内服ではなく直接頭皮に塗布する治療法です。

3:注射

AGAに対して有効な成分を、注射を使って頭皮に直接注入する治療法です。

4:AGA幹細胞再生治療

幹細胞とは、さまざまな臓器や器官の新元となる細胞のことで、iPS細胞などがこれに当たります。

体内の他の部位にある幹細胞を抽出して頭皮に移植し、新たな発毛をサポートするのがAGA幹細胞再生治療です。

治療費はどのぐらいか

AGAの治療費は、診察料(初診・再診)、検査費、薬代の3つから構成されます。

クリニックによって違いはあるものの、ほとんどの場合がカウンセリングまでは無料です。

治療費の目安としては、1ヶ月あたり3万円ほどで、内訳は診察料が3,000~5,000円、検査費が5,000~1万円、薬代が5,000~2万円といった具合です。

この数字はあくまで「内服薬のみを使った治療の場合」で、注射や植毛、ヘアケアアイテムの購入といったその他の治療法を併用するのであれば、これ以上の費用がかかります。

また、AGA治療は厚生労働省の保険適用範囲外であるため、自費診療です。

他の病院と比べて診察料が割高に感じるのには、こうした理由があるのです。

完全予約制・完全個室なので他の人に会わない

薄毛が気になりだし、いざAGA治療に通おうとするときに気になるのが「クリニックで知り合いに会ったらどうしよう…」という不安ではないでしょうか?

薄毛は何も悪いことではありませんが、デリケートな問題であるため、クリニックで知り合いに会うと、どこか気恥ずかしさを覚えてしまうでしょう。

AGAクリニックは、そうした患者のプライバシーを配慮して完全予約制を導入しているだけではありません。

来院するとすぐに個室に案内されるため、他の患者に会うことはありません。

「誰かに見られたらどうしよう…」という心配をする必要はないのです。

無料カウンセリングを受けてから判断しよう

病院はちょっと不安・・・という人はとりあえず無料カウンセリングだけでも受けてみましょう。

無料カウンセリングとは病院のスタッフが治療内容、料金、副作用などについて説明してくれるカウンセリングのことです。

治療に興味がある人の疑問や不安を解消して納得した上で治療を受けてもらうためのものです。

無料カウンセリングを受けて納得できれば治療を受ければいいですし、納得できなければそのまま帰ればいいのです。

病院なのでしつこい勧誘や引き止めはありません。

治療を受ければハゲは改善します。

まずは無料カウンセリングで正しい情報を手に入れましょう。

ハゲ改善におすすめの病院を見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓

このカテゴリーの記事一覧

20代なのに薄毛で死にたい人向けの対策

20代のハゲを治すのに必要な治療費は?

20代で全スカになった対処法

20代の薄毛男性が行くべき病院

20代薄毛の原因

20代なのに薄毛で死にたい人向けの対策

20代の薄毛

若はげで悩んでいる男性はけっこう多いです。 薄毛は思春期以降に発生しやすく、20代の男性にも悩みを持った人が一定数います。 薄毛には病気、体質、栄養状態などさまざまな原因があるため、その原因に合わせた正しい対処が必要にな・・・

20代のハゲを治すのに必要な治療費は?

20代の薄毛

20代でハゲ始めた人の多くが病院でハゲ治療を受けています。 ハゲを治すのには、どのくらいの治療費がかかるのでしょうか? 治療費はどのくらい必要か 1ヶ月の治療費の比較 最近はAGA(男性型脱毛症)の認知度の高まりもあり、・・・

20代で全スカになった対処法

20代の薄毛

「全スカ」とは、髪全体が薄くなりスカスカになった状態のことをいいます。 20代という若さでも全スカになるひとは一定数存在します。 もし全スカになってしまった場合、改善するには何から始めればいいのでしょうか? 何から始めれ・・・

20代の薄毛男性が行くべき病院

20代の薄毛

薄毛というと中年男性のイメージがありますが、実際は若い20代で悩んでいる人はいます。 薄毛には病院の治療が効果的ですがどういう病院が良いのでしょうか。 病院の選び方は? 専門クリニックを選ぶべき 薄毛の治療は皮膚科などの・・・

20代薄毛の原因

20代の薄毛

薄毛の原因は? ひとくちに20代の薄毛と言っても、その中にはいろいろなタイプがあります。 まずは自分の薄毛の症状が、どの原因に当てはまっているのかを確認しておくことが大切です。 いくつか種類がある 20代の薄毛の種類には・・・

ページの先頭へ