どんな治療方法があるのか?

薬物治療と植毛手術の2つがある

AGAの治療方法には、大きくわけて次のふたつの治療方法があります。

  • 薬物治療
  • 植毛手術

ネットや本の情報の中には、「食べ物の◯◯が薄毛によい」「適度な運動と十分な睡眠が薄毛には効果的」といった情報があふれています。

しかし、AGAに関して言えば根本的な治療は上記の2つしかありません。

2つの治療方法について詳しく説明します。

薬物治療とは?

薬物治療には、

  • 内服薬を服用
  • 外用薬を頭皮に直接塗布
  • 頭皮に発毛を促す薬剤を注入する

の3つの方法があります。

(1)内服薬を服用する方法

AGA治療に使用される内服タイプの薬は、「フィナステリド(プロペシア)」と「ミノキシジル」の2つが主流です。

この2つの治療薬には、それぞれ以下の特徴があります。

プロペシアは、主に抜け毛を予防してくれる効果があります。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが変化して生成される「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって引き起こされる症状です。

プロペシアにはこのジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きがあります。そのため、今ある髪の毛がAGAによって抜けていくのを防いでくれます。

もう一つのミノキシジルは、主に「発毛を促す効果」があります。

ミノキシジルには髪の毛の元となる毛乳頭細胞の働きを活性化させる働きがあり、発毛を促してくれます。

このように、2つの薬はそれぞれ効果が異なります。

そのため、実際の治療では抜け毛予防と発毛促進の両面から治療を行う併用処方が効果的です。

どちらも錠剤タイプで毎日服用します。

(2)外用薬を頭皮に直接塗布する方法

ミノキシジルには外用薬タイプもあります。

このタイプは頭皮に直接塗布して使用します。

主な効果は発毛促進なので、その点は内服薬と変わりありません。

(3)頭皮に発毛を促す薬剤を注入する方法

薬物治療には、発毛に効果のある成分を専用の機器を用いて頭皮に直接注入する方法もあります。

この方法に、「メゾセラピー療法」や「HARG療法」と呼ばれ、内服薬で使用される治療薬とビタミン・アミノ酸が用いられます。

以下は、この治療で使用される代表的な専門機器とその特徴です。

1:注射(ニードル)
注射で注入する方法です。他の機器に比べて多少の痛みを感じることもありますが、クリニックによっては麻酔で対処してくれるところもあります。

2:レーザー
レーザーによる注入は、注射に比べて痛みがないのが特徴です。

3:ローラー
とても小さな針がついたローラーを頭皮の上で転がす方法です。痛みの心配はほとんどありませんが、レーザーやノードルに比べると多少の痛みを感じることもあります。

4:ノーニードル
電気穿孔法という方法で成分を注入していく方法です。レーザーと同じく痛みがありません。

自毛植毛とは?

自毛植毛とは、一言でいうと「自分の健全な毛根を薄毛の部分に移植する方法」のことです。

AGAは前額部や頭頂部から症状が進行します。そこで、薄毛になりにくい側頭部や後頭部から毛根を移植します。

先に説明した通り、AGAの原因はジヒドロテストステロンですが、自毛植毛で移植した髪の毛はこのホルモンの影響を受けません。そのため、ほぼ永続的に側頭部や後頭部のような太くてハリのある髪が生え続けるのです。

また、自分の髪を使用するため仕上がりも自然になりますし、移植後は内服薬を飲むなどの継続的な治療は不要になります。

ただ、自毛植毛には以下のようなデメリットもあるので注意してください。

1:副作用が出たり施術跡が残ったりする可能性がある

一時的に「ショックロス」という抜け毛などの副作用が出ることがあります。

ただ、この副作用は時間の経過とともに改善するため、特に心配はありません。また、施術によって傷跡が頭皮に残ってしまう可能性があります。

2:時間がかかる

自毛植毛は定着して生え揃うまでに数カ月の時間がかかるだけでなく、一度に移植できる本数に限りがあります。

そのため、大量に移植する人は施術を複数回にわけて行う必要があるなど治療に時間がかかります。

3:治療は自由診療

AGAの治療は基本的にすべて保険のきかない自由診療です。そのため費用は高額です。数万円から100万円程度かかります。

どんな治療方法を選ぶべきか?

医師と相談しながら決めよう

AGAで悩んでいる場合は、自分で判断せずに必ず医師と相談しながら治療方針を決めてください。

というのも、一口にAGA治療といってもその治療内容はさまざまだからです。AGAの治療方針を決定するには、最低限以下の要因を検討する必要があるでしょう。

1:薄毛の進行状況

AGAによる薄毛症状が初期であれば、プロペシアで十分かもしれませんが、かなり症状が進行した状態だと自毛植毛でないと改善は難しいです。

このように、薄毛の進行状況によって、治療方法は異なります。

2:薬との相性

薬によっては副作用が出ることもあります。こうした相性を調べるには、医師のいる専門のクリニックで事前に検査をしてもらう必要があります。

3:経済状況

繰り返しになりますが、AGAの治療はすべて保険適用外の自費診療です。

最高の治療を受けたいと思っても、高額な治療費を支払えるだけの経済状況が必要となってきます。

4:本人の希望

「薄毛をどの程度まで改善したいのか」という本人の希望も大切です。

例えば、中には「とりあえず抜け毛を止めるだけでいい」という人もいるでしょうし、「新しい髪を生やしたい」という人もいるでしょう。

本人が納得する形の治療ではなければ、意味がありません。

このように、AGAの治療方針を決定するのは素人では困難です。

しっかりとカウンセリングした上で専門家が的確なアドバイスをしてくれる、専門クリニックを受診するようにしましょう。

おすすめの専門クリニックのサイトを見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓