AGA治療は効果のある治療法ですが、デメリットもあります。

治療を始める前にどんなデメリットがあるか知っておくましょう。

AGA治療にはどんなデメリットがあるのか

髪が生えるのには時間がかかる

AGAの治療効果を実感するには、短くとも半年以上の治療が必要です。

そのため、急な同窓会や結婚式に間に合わそうとしても、AGA治療では対応できません。

すぐになんとかしたいのなら帽子やカツラ、増毛などで対応するのが良いでしょう。

実際には試さないとどのくらい発毛するかわからない

AGAの治療は「これをすれば必ず髪の毛が生えてくる」というわけではありません。

もちろん、専門のクリニックで行われている治療にはすべて科学的な根拠がありますが、その効果も人によってかなりの個人差があるからです。

結局は実際に試してみないかぎり、どのぐらい効果があるのかはわからないのです。

副作用のリスクがある

AGAの治療には、副作用のリスクがあります。例えば、治療薬として広く普及しているプロペシアでは、

  • 勃起不全障害
  • 肝機能障害
  • 過敏症(発疹、血管のむくみ、じんま疹)

といった副作用が確認されています。

このように、治療薬はAGA改善には効果があっても、体に合わない人が使用すると副作用が出てしまうのです。

また、AGAの治療薬は専門のクリニックではなくても個人輸入で手にすることはできます。

しかし、自己流で薬の服用をすると、リスク管理がうまくできないため副作用発症の可能性はさらに高まるでしょう。

費用が高い

AGAの治療に関する負担は、すべて保険が適用されない10割全額負担の自費診療です。

そのため、一般の病気の治療よりも治療費が高額化する傾向にあります。

特に自毛植毛の場合は、治療費が100万円を超えることも珍しくありません。

ただ、プロペシアやミノキシジルといった薬物治療の場合は、髪がある程度生えると薬の量を減らすことによって治療費を抑えることが可能です。1

治療をやめると再び薄毛が進行する

AGAの治療薬は、「その症状の元となる仕組みを改善するもの」ではなく、「一時的に症状を食い止め、発毛を促すもの」です。

そのため、治療をやめると再び薄毛の症状が進行してしまいます。

月に数千円~数万円単位の治療費は、AGA治療を続ける限りずっと必要になってくるのです。

ただ、自毛植毛で髪の毛が定着して部分に関しては、内服薬や外用薬と違って治療をやめてもその部分の薄毛が進行することはないでしょう。

興味があるなら病院でさらに詳しい説明を受けよう

AGA治療のデメリットについて説明してきましたが、もっと詳しく知りたいなら、専門のクリニックの無料カウンセリングをおすすめします。

無料カウンセリングは治療方法や薄毛の原因などを説明してくれます。

詳しい説明を受ければ治療が自分に必要なものなのかわかってくるでしょう。

無料カウンセリングがある病院のサイトを見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓