髪が薄くなってきた?と感じたらどんなふうに薄くなっているか調べましょう。

セルフチェックする方法は?

AGAの特徴にどのくらい当てはまるか

AGA(男性型脱毛症)の特徴を知れば、自分がAGAなのかをセルフチェックすることができます。

下にAGAの主な特徴を紹介します。

AGAの特徴
  1. 前頭部・頭頂部から薄くなってきている
  2. 髪の毛が細くなったり、柔らかくなったりしている
  3. 家系にAGAの人がいる
  4. 朝起きた時に枕に抜け毛がたくさんついている
  5. 風呂上がりに頭皮がよく見える
  6. 薄毛が少しずつ進行している
  7. 成人以降に症状が始まった

これらに当てはまっている項目が多いほど、AGAである可能性が高いです。

セルフチェックしてくれるサイトがある

このように、先に紹介した特徴と照らし合わせて、自分がAGAかどうかをある程度判断することはできます。

ただ、ネットには項目を入力していくだけでセルフチェックをしてくれるサイトもあるので、そちらを活用してみるのもよいでしょう。

以下は、「メルク・アンド・カンパニー(MSD)」が監修しているセルフチェックテストです。

YES/NO形式で答えていくだけなので、簡単にチェックできます。

⇒AGAセルフチェック

AGAには進行のパターンがある

AGAといっても、すべての人が同じように症状が進むわけではありません。AGAの進行は、主に以下の3パターンにわけられます。

1:頭頂部パターン
頭のつむじを中心に薄毛が進む、いわゆる「てっぺんハゲ」のパターンです。最終的には、頭頂部の薄毛と額の薄毛が合流して、全体的な薄毛となります。

2:前額部(額の生え際)パターン
額の中でも、特に左右の生え際から薄毛が進む、「M字ハゲ」のパターンです。症状が進行するにつれ、徐々に頭頂部も薄くなり、最終的には頭全体が薄毛となります。

3:前頭部パターン
額全体が交代していくパターンです。最終的には、額の後退が頭頂部にまで達し、全体的に薄毛になっていまいます。

図にすると下の流れで髪は薄くなっていきます。

 

また、これら3つのパターンが2~3つ同時に進行するパターンもあります。

AGAはそのまま放置しておくと症状がどんどん進行してしまうので、できる限り早めに対策を打つことが大切です。

不安なら病院で相談しよう

セルフチェックである程度は自分がAGAかどうかは判断できますが、不安なら病院を受診して正確な診断を下してもらいましょう。

受診は皮膚科の病院でもできますが、経験豊富な専門医が在籍しているAGA専門のクリニックをおすすめします。

おすすめの専門クリニックのサイトを見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓