習志野市の人がAGA治療を受けるならどこが良い?

習志野市の人がAGA治療を受けるなら、次の2つの選択肢があります。

AGA治療の選択肢
  1. 東京や船橋にあるAGA治療専門クリニックに行く(←おすすめ)
  2. 地元(習志野市)の一般病院に行く

おすすめは1の専門クリニックです。

専門クリニックでは効果の高い治療を行っているので、しっかり発毛させたい人にはこちらに行くべきです。

それに対して、地元の病院は発毛ではなく「薄毛の進行を抑える」治療しか行っていないところが多いです。

あなたの目的(発毛または現状維持)に合った病院を選びましょう。

それぞれの病院を紹介します。

AGA治療の専門病院

おすすめの専門クリニックは、次の病院です。

・AGAスキンクリニック

住所:柏、船橋、上野、秋葉原、品川、池袋、新宿など多数

地図、料金、治療方法を病院サイトで見る

・ヘアメディカル

住所:東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

地図、料金、治療方法を病院サイトで見る

・銀座総合美容クリニック

住所:東京都港区新橋1-4-5 G10ビル9・10F

地図、料金、治療方法を病院サイトで見る

地元(習志野市)の病院

AGA治療が受けられる地元の病院は、次の病院です。

・習志野市の奏の杜すずらん皮膚科(病院サイト

住所:千葉県習志野市奏ノ杜2-4-26

・こいずみクリニック(病院サイト

住所:千葉県習志野市谷津1-15-3 シティパーク津田沼102(1階)

なぜ専門病院がおすすめなのか

当サイトが専門クリニックをおすすめしているのは次の理由からです。

おすすめの理由
  • 薄毛治療の経験が豊富な医師がいる
  • 発毛を目的とした治療を行っている(←重要)
  • しっかりと検査を行うので副作用のリスクが低い
  • 事前の無料カウンセリングで治療内容や料金がわかる
  • 薄毛の患者だけなので行きやすい

いくつか理由を上げましたが、1番の理由は発毛の期待度の高さです。

普通の病院とは比べ物になりません。

専門クリニックのサイト内の症例写真を見てください。

かなり薄毛が進行した段階からでも復活した症例もあります。髪を復活させたいのなら専門クリニックです。

比較表

専門クリニックと地元病院の違いを比較表にまとめました。

項目専門病院地元病院
治療目的発毛進行遅延
発毛効果◯ 高い△ 低い
無料カウンセリング◯ あり△ なし
検査◯ あり△ なし
治療方法プロペシア、ミノキシジル、
オリジナル発毛薬、注入治療、植毛
プロペシア、ミノキシジル
副作用リスク◯ 低い△ 不明
費用1万~3万円/月1万/月
デメリット高い、遠い発毛効果が低い
総合評価

本気で発毛を考えているのなら専門病院がおすすめです。

病院まで遠い、料金が高いといったデメリットがありますが、効果は高いのでぜひ検討してみてください。

専門病院の無料カウンセリングで治療について聞いてみると良いでしょう。

ベストな選択はこれ!

どの病院に行くのか迷っているなら、次の流れで決めるのが良いです。

  1. 1.専門クリニックの無料カウンセリングに行ってみる

    無料カウンセリングで治療方法、料金、薄毛の原因などの説明を受けて、全体的なAGA治療の知識を手に入れましょう。

  2. 2.地元の病院のホームページで情報を得る

    病院のホームページで治療内容や料金説明を調べましょう。

  3. 3.病院を決める

    これまでに得た情報から行く病院を決めます。

いずれにしても、治療は始めましょう。行ってみた病院が自分に合わなければ途中で他の病院に変えるのもアリです。

対策をしないと薄毛はどんどん進行していきます。

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓

千葉県 習志野市の観光スポット・イベント

千葉県北部の東京湾岸にぽっかりと浮かんだ自然のオアシスが、習志野市の谷津干潟です。

広さは東京ドーム9個分に当たる約40ヘクタール。

シギ、チドリ、カモなど季節の渡り鳥が多数訪れ、野鳥の楽園になっています。

環境省が絶滅危惧Ⅱ類に指定するセイタカシギの生息地としても有名。

千葉県北部の東京湾岸は高度経済成長期に干潟が相次いで埋め立てられ、産業用地に変わりました。

そんな中、谷津干潟だけが生き残り、自然を今に残しています。

干潟の周囲は延長3.5キロの遊歩道があり、いつでも野鳥を観察できます。

自然観察センターも設置され、望遠鏡を貸し出してくれますから、手ぶらでやってきても自然と親しむことが可能です。