注入治療法とは、髪の成長を促すために発毛因子を頭皮に注入する方法です。

次のようなケースで使用します。

  • プロペシアなどと併用して発毛効果を高める
  • 髪の成長が遅い部分をもっと発毛させる

注入治療の特徴

注入治療はいろいろな病院で行われていますが、病院によって名称が違います。

  • Dr’sメソ(AGAメソセラピー):AGAスキンクリニック
  • 育毛メソセラピー:銀座総合美容クリニック
  • 毛髪再生メソセラピー:湘南美容外科クリニック
  • HARG療法:HARG治療センター

注入治療の成分

発毛因子は次の成分を組み合わせたものです。病院によって配合に多少の違いはあります。

  • IGF-1(インスリン様成長因子):毛母細胞の分裂を促進
  • bFGF(繊維芽細胞成長因子):血流を促進
  • VEGF(血管内皮成長因子):新生血管の形成を促す
  • コエンザイムQ10:タンパク質を産出を促進
  • ヒアルロン酸:水分補給
  • ミノキシジル:髪の成長促進
  • フィナステリド:悪玉脱毛ホルモンの生成を阻害する
  • 銅ペプチド:悪玉脱毛ホルモンの生成を阻害する
  • ビタミン:毛根に栄養を与える

IGF-1、bFGF、VEGFの3つは幹細胞成長因子といいます。幹細胞成長因子は幹細胞を培養する際の上澄み液の中から得られます。

上澄み液から得られた幹細胞成長因子は美容や発毛の治療に使われています。(参考:AGA幹細胞再生治療について

注入方法

発毛因子の注入方法にはいくつか種類があります。

  • 注射器による注入
  • 炭酸ガスのジェット噴射による注入
  • 電気の刺激による注入(電気穿孔法)
  • 超音波による注入

いずれも注入時の痛みを極力減らすように工夫が施されています。

注入治療の効果

プロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬のみで治療する場合、発毛を実感するまでに半年から1年くらいかかります。(プロペシアの効果ミノキシジルの効果

AGA治療薬に注入治療を併用することでもっと速いペースで発毛を促すことができます。

また、発毛状況があまり良くない部分に絞って注入することで髪の成長を促すことができます。

病院のサイトでは効果の経過を画像で紹介している

注入治療を扱っている病院では注入治療の経過写真を載せています。

言葉で説明するより画像を見るほうが説得力があるので一度見てみてください。下のリンクが注入治療の経過を載せている病院のページです。

銀座総合美容クリニックの症例写真

湘南美容外科クリニックの症例写真

HARG治療センターの症例写真

治療の効果に個人差はありますが多くの人が注入治療で髪を復活させています。

デメリット

効果のある注入治療ですがデメリットとしては、料金が高い点があります。

  • 湘南美容外科クリニックの毛髪再生メソセラピー:86,400円(1回) 料金表
  • AGAスキンクリニックのDr’sメソ:50,000(1回) 料金表
  • HARG治療センターのHARG療法:150,000(1回) 料金表

並べてみると料金に差がありますが、治療の範囲や内容によって費用は変わります。

参考リンク AGA治療のデメリット

ですからこれらの料金表だけで判断せず、病院で無料カウンセリングを受けて費用の相談をしましょう。

無料カウンセリングがある病院のサイトを見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒  AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓