若はげで悩んでいる男性はけっこう多いです。

薄毛は思春期以降に発生しやすく、20代の男性にも悩みを持った人が一定数います。

薄毛には病気、体質、栄養状態などさまざまな原因があるため、その原因に合わせた正しい対処が必要になります。

若はげを改善したいなら、どうすればいいのでしょうか?

若はげになったらどうすればいい?

すぐに対策を始めよう

一般に思春期以降に多く見られる男性脱毛は、AGA(男性型脱毛症)が原因である場合がほとんどです。

AGAはAndrogenetic Alopecia/アンドロゲン性脱毛症の略で、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンによって引き起こされます。

そのため、AGAを改善するにはこのDHTがなるべく生成されないようにする必要があります。

現在、AGAの改善に効果があるのはプロペシアという治療薬です。

プロペシアはDHT(悪玉脱毛ホルモン)の生成を抑えてAGAを改善する内服薬で、世界60カ国以上で使用されています。

日本でも厚生労働省が認可した信頼性の高い治療薬です。

また、このほかにはミノキシジルという発毛を促進する治療薬もAGAに効果があります。

これはもともと高血圧の薬として開発されたもので、血流促進効果もあり、プロペシアとともにAGA治療の2大柱として使用されています。

プロペシアやミノキシジルといった治療薬は、個人の症状に合わせて病院で処方してもらえます。

若はげで死にたいほど悩んでいる人は、一度病院を受診してみることをおすすめします。

若ハゲ治療におすすめの専門クリニックのサイトを見る

参考リンク 20代におすすめの薄毛対策

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒  AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓