「全スカ」とは、髪全体が薄くなりスカスカになった状態のことをいいます。

20代という若さでも全スカになるひとは一定数存在します。

もし全スカになってしまった場合、改善するには何から始めればいいのでしょうか?

何から始めればいいのか

原因を調べよう

全スカの原因には栄養状態、病気、精神状態、遺伝的体質などさまざまなものがあります。

そのため改善するには原因に合わせた正しい対処をする必要があります。

自分の髪の状況をもう一度チェックしてみましょう。

もし前頭部から頭頂部にかけて髪が薄くなっている場合はAGA(男性型脱毛症)である可能性が高いです。

AGAは思春期以降に起こる男性脱毛のなかでもっとも多く、DHTというホルモンが原因で引き起こされます。

DHTは悪玉脱毛ホルモンともよばれ、正式名称をジヒドロテストステロンといいます。

前頭部や頭頂部の髪の毛がDHTの影響を影響を受けやすい場合、その部分の髪が薄くなります。

男性の薄毛の場合は、ほとんどがAGAによるものです。

髪の薄くなったらまず、AGAを疑いましょう。

参考リンク 前髪がスカスカになったときは

参考リンク AGA治療のおすすめ病院ランキング

側頭部や後頭部の薄毛

もし側頭部や後頭部も含めて薄くなっている場合は、甲状腺異常、全体的な円形脱毛症、脂漏性脱毛症の可能性があります。

これらの病気にしてもAGAにしても、病院にて早期治療を行う必要があります。

病院を受診する場合はとくに頭髪治療専門の病院がおすすめです。

頭髪治療専門の病院では、薄毛がAGAからきているのか、それとも他の病気が原因で起きているのかしっかりと診断してくれます。

そしてAGAだった場合は、多くの治療実績があるプロのもとで、医学的根拠のある治療を行うことができます。

20代で全スカになってしまったという人は、一度、頭髪治療専門の病院を受診してみることをおすすめします。

おすすめの頭髪治療専門の病院を見る

↓薄毛が心配な人向けの記事↓

薄毛の治療を考えているならこの病院へ!

⇒ 【注目】AGA治療のおすすめ病院ランキング
※現時点では薄毛が気になる程度の人も、どんな病院で治療が受けられるか見ておいて損はないです。

日本各地のおすすめのAGAクリニックを調べました。

⇒ 日本全国のおすすめクリニック一覧

病院でどのくらい髪が改善するのかが分かりやすい

⇒ 写真で見るAGA治療の効果

そもそも病院ではどんなことするの?

⇒ AGA治療とは?薄毛を治す1番おすすめの方法

↓ 【注目】オススメの病院です!↓